Job&Money

月1000円の「つみたてNISA」で、怖くない“投資デビュー”してみる?

非課税期間が終わるときはどうなる?

 NISAが2014年から始まったため、原則5年の非課税期間を終えるのは、2018年の年末となります。この時注意が必要なのが、例えば1万円で購入した株式が、2018年12月末時点では7000円となっていて、そのまま課税口座に移管された場合、取得額は7000円として以降、税金の計算をする点です。  例えばその後、1万円に戻って売却したケースだと、自分としては得をしていませんが、3000円の利益が出たものとして税金の計算をするため、600円程度の税金がかかることになります。  2018年のNISAは、1年の中で値段が上がっている時期をみて売り抜けるか、年末に2019年の投資枠を使って非課税期間をもう5年延長する(ロールオーバー)かを選択をする必要があります。ロールオーバーを選ぶ場合、本来2019年に新たに120万円投資をできたはずの非課税枠を使うことになります。  つみたてNISAにおいても20年の非課税期間が終了する際、同じように取得額が振り替えられる問題が起こります。そのため、基本的には長い息で運用することを目指しますが、例えば非課税期間が終了する2年くらい前から、基準価額が高い時に売って運用を終えるなどを考えていくのが良いでしょう。なお、つみたてNISAにはロールオーバーの制度がありません。20年間で一段落つける心持ちで臨むのがよいでしょう。

気になるけど怖いなら、月1000円で体験してみる

 資産運用のコツに、「リスクは金額でコントロールする」という考え方があります。投資というと自分で制御できないイメージを持つかもしれませんが、運用商品を1000円しか購入しなければ、1000円以上のリスクをとることにはなりません。実はリスクは自分で投資額を調整することでコントロールできます。  投資が気になるけど、始め方がわからないという方は、つみたてNISAで月々少額での運用を検討しても良いかもしれません。最近では100円から始められる証券口座もありますよ。 <TEXT/風呂内亜矢> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【風呂内 亜矢(ふろうち・あや)】 ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。現在はテレビ、ラジオ、雑誌等でお金に関する情報を発信している。最新刊は『図解でわかる! 投資信託
風呂内亜矢
(ふろうち・あや)ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。現在はテレビ、ラジオ、雑誌等でお金に関する情報を発信している。近著は『最新版 届け出だけでもらえるお金 戻ってくるお金』(監修)、『超ど素人がはじめる資産運用
1
2
Cxense Recommend widget
◆お知らせ
BSジャパン お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~
2017/12/28(木)23:30~
http://www.bs-j.co.jp/official/okanekibun/

スズキ presents ニコニコ生活講座 season3 #10
マイナス金利×長期金利0%時代を生き抜く貯蓄・投資方法
2017/1/18(木)21:00~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv309244520


あなたにおすすめ