Love

「顔を隠して」相手選び!DNA婚活パーティーに39歳女性が潜入

アラフォー婚活の現実 Vol.19】

 婚活をしていると、どんなに条件が良くても「生理的にムリ……」という人に遭遇することがあります。やはり本能レベルで好きと思える相手に出会いたい!

 そう思っていたら、DNAの相性が良い相手が見つかる婚活サービスがスタートしたという情報をキャッチ。早速、謎のベールに包まれたDNA婚活パーティーに潜入してきました。

事前にDNA検査を行えば、参加者とのDNA相性がわかる!



 パーティーに参加するためには、主催者から送られてくるDNA検査キットで自分の細胞を採取し、事前にDNA検査を行っておく必要があります。このDNA検査をもとに、パーティー参加者との相性を判定してもらえます。

DNA婚活パーティー 今回のパーティーの参加者は男女9人ずつで、私と男性参加者の「DNA相性度」は以下の通り。

 Aさん 71.8%
 Bさん 62.0%
 Cさん 79.3%
 Dさん 74.7%
 Eさん 86.1%
 Fさん 79.2%
 Gさん 70.3%
 Hさん 83.2%
 Iさん 87.3%

 ほとんどが70%以上でした! 50%以下だと相性がイマイチで、80%以上だとかなり相性が良いようです。

マスクで顔を隠して、パーティーがスタート!



 DNA婚活パーティーは参加者全員と数分ずつ話す、一般的な婚活パーティーと同じ流れでしたが、他とは大きく異なる点がありました。

 それは、男女共にベネチアンマスクを装着し、素顔を隠していたところ。人はまず顔で相手を判断し、好みのタイプでない場合は恋愛対象外となりやすいそう。でも、一部でも顔を隠してあると、隠れている部分を美化するため、容姿での判定が甘くなるそうです。

ベネチアンマスク

写真ハイメージです(以下同じ)

 マスクで目元を隠すと、確かに相手の顔はよくわかりません。しかし、顔の下半分は見えているので、そっちが強調される気もしました。例えば、歯並びの悪さが目についたり。

 私もアラフォーになると重力に逆らえないので、「ほうれい線が目立って見えているのでは?」と不安でした。きっとベネチアンマスクでなく、口元を隠す普通のマスクのほうが、もっと若い印象になったはず!

DNAの相性が最も良かった男性は24歳!



 しかし、ほうれい線の問題以前に、プロフィールに年齢がばっちり記載されていたので、相手にはアラフォーであることがバレバレです……。プロフィールには他にも年収など記載されていたので、私はまず年収をチェックしてしまいました。

 そして今回、私とDNA相性が最も良かったIさんは、なんと24歳!

 いくらDNAの相性が良くても、私が15歳も年上だったので相手は困惑気味でした……。

 なぜ24歳の若さで婚活パーティーに来ているのか尋ねてみたら、社会人になったら急に結婚したくなったそうです。最近の若者は結婚を意識するのが早いのかもしれませんね。

次のページ 
嫌いなものに共感できる相手と相性が良い!?

1
2




あなたにおすすめ