Lifestyle
Love

恋の告白「付き合ってください」は英語でどう言う?

 もうすぐバレンタイン! 恋する男女の一大イベントがやってきます。日本とは逆に男子から女子にギフトや愛の言葉を贈る文化を持つ欧米の国々では、今ごろ男性諸君がドキドキしながらその日を待っていることでしょう。

カップル そこで今日は「付き合いたい」は英語で何と言うのかに注目! 英語での交際の始まり方を探ってみます。

「付き合う」を表現するには中学レベルの英語で十分!


 まず始めに、英語で恋愛関係での交際を表す「付き合う」を表現する英語をご紹介。

 使われる単語はとてもシンプル! 中学生のときに習った英単語や文法で乗り切れます。

 たとえば、「ジャスティン・ビーバーってセレーナ・ゴメスとつきあっているの?」と言いたいなら、“会う”を意味するSeeing(シーイング)に “共に”を表すWith(ウィズ)を添えて、

「Is Justin Bieber seeing with Selena Gomez?」。

 Seeingの部分を“出かける”を表すGoing out(ゴーイング・アウト)、そのものずばりデートを意味するDating(デーティング)や“一緒”を意味するTogether(トゥギャザー)に差し替えても同じ意味になります。

 また、日本でもよく耳にするステディを使った「Go steady(ゴー・ステディ)」も「付き合う」を表すイディオムとして『コリンズディクショナリー Collins Dictionary』などに掲載されています。でも、この表現はオヤジ臭い言い方のため、今では死語化しているのでご注意を!

交際スタートが曖昧な英語圏に「付き合ってください」は存在しない?



告白 では、「付き合ってください」と告白するときは英語で何と言うのでしょうか?

 残念ながら、この言葉を英語表現に置き換えることは出来ません。

 前述の中学生英語のひとつGo out(ゴー・アウト)を使って「Would you like to go out with me?」と言ってみたところで「私と出かけませんか?」の意味でしかなく、しょせん“1回きり”のデートの誘い言葉でしかありません。

 それに「I like you」(あなたのこと好きよ)と気持をアピールしてみても 「俺も好きだよ」と返されるのが関の山で、「ではお付き合いを始めましょう!」という展開に結びつかない可能性大。

 アメリカで男女の「付き合い」の始まり方が曖昧なのも、「付き合ってください」という英語表現がないからなのかもしれません。

 筆者の周囲のアメリカ人カップルに聞いてみても、「彼の友人や両親に“俺の彼女だ”って紹介してくれた頃から付き合いを自覚した」という人もいれば、「いつの間にか一緒に住んでいた」という人も。特別な言葉はなく、なんとなく付き合い始めた人がほとんどでした。

 このようにアメリカではデートを繰り返していくうちに、お互いなんとなく関係性を確認し合うしか方法がないのですね。

次のページ 
どうしても英語圏で告白するなら…このセリフ!

1
2
あなたにおすすめ