Love

地方公務員の33歳男性「学歴コンプレックスが僕の婚活をジャマする」

 アナタは婚活していますか? 婚活と一言にいっても、合コンや紹介等のライトなモノから、結婚相談所や婚活パーティ等のガチなモノ、最近はアプリでの婚活も主流となってきていますね。

公務員男性 年々上がっていると言われている、生涯未婚率。婚活に焦っているのは女性だけではありません。そこで30代前半、婚活真っ盛りの男性に事情を聞いてみました!

どうしても越えられない学歴のハードル



 話を聞いたのは、岡部鉄平さん(仮名/33歳/地方公務員/婚活歴1年)。

 仕事が終わるのが早いので、取材時は一度家に帰って私服に着替えてきた岡部さん。サーファーとのコトで、ラフでスポーティな服装、イケメンではないものの、笑顔が可愛い小柄な男性です。

 岡部さん「高卒で地方公務員をしています。税金関係の部署で残業もあまりないので、仕事の後は海に入ったり、ご飯作って晩酌したりして毎日過ごしています。婚活は主に週末ですね」

――聞いていないのに学歴まで……。

あ、学歴は最初に必ず言うようにしています。女性って学歴気にする人多いじゃないですか。過去に嫌な思いをしたコトもあるし、僕は高卒でもコンプレックスはないので」

 なんでも、以前付き合っていた彼女が共通の知り合いに「彼が低学歴だから結婚したくない」と相談していたのを、人づてに聞いてしまったのだとか。うーん、「コンプレックスはない」とわざわざ言うあたり、逆に根深いコンプレックスを感じるのは考えすぎでしょうか。

婚活男性――岡部さんはどんな感じで婚活を?

「アプリとか合コンとかしてた時期もあるのですが、最近は街コンやナンパが多いですね。ナンパって言っても行きつけのお店が一緒で自然に……とかで、そんなにガチなストリートナンパではないですけど(笑)

――アプリや合コンは非効率的でしたか?

「う~ん。非効率というか、これも学歴の問題かも。アプリってプロフィールに学歴書かないといけないし、合コンに来る女子はスペック高い男子を狙っているし、ちょっと僕には合わないというか……」

 確かに、高スペック好きな女性は一定数いますよね。でもみんながみんなそうではない気もするのですが。

過去の彼女を、会計士にアッサリ奪われる



 街コン・ナンパがメインとのコトですが、成果はいかがですか?

「前の彼女は家が近くて行きつけの店が一緒で、自然と仲良くなりました。ナンパといえばそうなのかもですが(笑)。28歳の花屋さんで、3ヶ月くらい付き合ってたんですけど、他に好きな人ができたと言って、振られちゃいました。

 次の相手は会計士らしく、敵わないと思ったのでいさぎよく身を引きました。彼女のことは好きだったけど、まだ本気になる前だったから良かった。近所なので、今でも時々飲み屋とかではちあわせて気まずいんですけどね」

 そこで納得したの!? もっと粘りましょうよ!

次のページ 
「年齢も見た目も気にしません。自然な出会いが欲しい」

1
2




あなたにおすすめ