Entertainment

木村拓哉と“元妻”山口智子の再会がいよいよ!『BG~身辺警護人~』

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

「BG」木村拓哉・山口智子ロンバケふたたび 木村拓哉さん主演の「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系 毎週木曜21時~)が、どんどん面白くなっています。

「あのとき、ああするしかなかった。けれど、その決断をドヤることもできない」。

 本作の根底にはそんなテーマが流れていて、大小の差はあれど、すべての大人の胸には同じ痛みがあるように思います。

 そんな痛みを抱えた上で、ではどう生きるのか? 木村さん演じる島崎章は、葛藤しつつも一歩一歩人生を踏みしめるさまを見せてくれています。

仕事、結婚生活、社会的立場、恋愛すべてがアウェー



 第5話で明らかにされましたが、章は自身のクライアントを負傷させた責任を負い、警護職を退いた過去がありました。

 また、すでに妻とは別れており、転がり込んできた息子は皮肉屋で醒めています。

 行きがかり上警護職に復帰するも、正規のSPからは「民間のくせに」と睨まれ、見下され……。

 さらに、何かとちょっかい出してくる女性大臣に困惑もしています。

 ざっと見ても、仕事、結婚生活、社会的立場、恋愛と、人生を取り巻く大事ごとが4つもアウェーであり、とってもしんどそう。しかも、章には弱音を吐いて酒を酌み交わすような友もいません。

 でもこういう感じって、けっこう“大人の実情”です。

章は、さまよえる大人のための役



 若いころはイケイケでも、傷を抱え人様の傷も慮れる大人になった今、どう自分らしく歩いたらいいものか?

 ギラギラした笑顔でなく、おだやかで寄り添うような笑み。受け止めるべきところは受け止め、受け流すところは受け流す、強くしなやかな立ち居振る舞い。

 章は、今の木村さんだからこそ演じられる、さまよえる大人のための役なのだと思います。とっても、かっちょいい。

 どうか、「傷ついたとしても大人って悪くない」と、どんどん魅了したおしてほしいもの。身柄を確保される覚悟は、できております。

“元妻”山口智子さんとの再会に期待!



 ところで次回は、章の元妻役で「ロンバケ」の南こと山口智子さんが登場するそうです。

 女性大臣役の石田ゆり子さんと並んで、彼女も人気の“大人女優”。かわい子ちゃんと違って一筋縄ではいかない大人女性を、章はどう捌(さば)くのか?

「再婚しま……せん」と言ってくれるかな?

 これまたスゴク、楽しみです!

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】みきーる著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『ジャニヲタ刑事!』

みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。 ●Twitterアカウント:@mikiru ●公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!




あなたにおすすめ