Lifestyle

40代から閉経にそなえる。更年期を怖がらずに“楽しむ”コツ

 健やかな身体は、日々の積み重ねで決まる。

オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方

※クリックするとAmazonにジャンプします。

オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』、このタイトルにドキッとしたあなた、もしかしたらアラフォーなのでは? かくいう私はアラフィフ。40代以降の女性には、自分の身体なのに自分じゃないみたい、という瞬間がおとずれるのです。でも、それは決して悪いことではありません。著者の常喜眞理さんは家庭医兼医学博士。ご自身もアラフィフであることから、医学と経験、両方からアプローチされています。

40代からゆらぎ始める女性のカラダ



 40代のテーマはズバリ、閉経です。一昔前は「閉経以降は女じゃない」などと揶揄(やゆ)され、暗いイメージが付きまといましたが、平均寿命が80歳をとうに越えた今、女性じゃない期間が約40年なんてありえません。女は死ぬまで女!「閉経以降はセックスやり放題」と豪語した女流作家もいましたよね。そんなわけで、40代からは避けて通れない、最新の更年期対策からスタート。

 更年期をおさらいしますと、「女性ホルモン(エストロゲン)の急激な低下に、司令塔である視床下部がストレスを受け、自律神経が狂ってしまうことで起こる」。つまり「更年期障害とは自律神経失調症」と本書。

不定愁訴 私、先日テレビで更年期特集を観たのですが、ホットフラッシュやめまいや怠さなどの不定愁訴(ふていしゅうそ)に悩んでいながら、病院の門を叩く女性が少ないのです。あるいは、医師から「気のせい」と言われ、余計に落ち込む女性もたくさんいるのだとか。

更年期は加齢に備えるトレーニング



 あなたの中の「あばれるカラダ」を、本当にわかっているのはあなた自身。本書も「更年期障害はこじらせるのが一番よくありません」と指摘。確かに、気の持ちようも大切ですが、薬に頼るもの手です。

 私も、40歳を機に定期的にホルモン検査を始めました。体重や血圧と同じように、ホルモン数値を把握しておくのも、体調管理に役立ちます。ホルモンが足りないなら足しましょう、ということで、ポピュラーなのがホルモン補充療法(HRT)。「以前はエストロゲンだけを投与していたため、子宮体がんのリスクが高まるなどの副作用が報告されましたが、近年は黄体ホルモンを併用することで回避されています」と本書。
 本書には著者による更年期の体験談も掲載されていて、本当に更年期って奥が深いんだな、と感心しました。じんましんやかぶれ、ほこりアレルギーも更年期の一端かもしれないなんて、皆様ご存知でしたか?

鍼「鍼(はり)やお灸、マッサージ。不快な症状をごまかす薬、つまり対処療法」を駆使し、むしろ更年期対策を楽しんでいるような著者。「更年期は加齢に備えるトレーニングと考える」と諭していますが、私も体調の「ゆらぎ」を感じるたびに、新しいサプリや美容方法を探したりと、欝々をワクワクにシフトしております。

次のページ 
50代になったら、体重と脂肪以外も気になる数値が…

1
2




あなたにおすすめ