Love

年下彼氏に裏切られたOL。女2人で「どっちが本命!?」と問い詰めたら、驚愕の答えが…

 女性なら誰しも「最悪の恋愛体験」の1つ2つ、あるのではないでしょうか? 今回「自分史上最悪の恋愛」話を伺ったのは、フラワーコーディネーターで小学生のママの大西美和さん(43歳)。彼女は23歳の時、モデルでアーティスト志望という20歳の彼に貢いでいました。

フラワーコーディネート「彼は東方神起のメンバーにいそうな、韓流系のイケメンでした。見た目だけは最高に良かったんですが…今思えば完全にハメられていましたね」

 美和さんを騙した韓流系イケメンとは、どんな男なのでしょう。

まるでマネージャー?イケメンモデルに尽くした日々



 美和さんは23歳の時、パーティーで会った3歳年下の韓流系イケメンモデルから「付き合って」と告白されます。すっかり舞い上がってしまった美和さんは、彼に次々と自分の持っている人脈を紹介していったそうです。

「私はOLでしたが、異業種交流会や様々なパーティーに参加するようになると、いろんな方々から様々な業種の人を紹介されました。それらの人脈は、いわば私の“財産”です。

 そんな自分の人脈を紹介して、彼の仕事につながるようにセッテングしてあげると、彼が喜んでくれて。彼の笑顔が見たいために、せっせと尽くしていたんです

交流会 23歳OLの給料では、経済的に彼を満足させてあげられない。でもその代わりに人脈を紹介することで、彼の将来のプラスになれば…とかいがいしく世話をした美和さん。ところがある日、一本の電話から彼の正体がわかってしまったのです。

銀座のチーママから突然の呼び出し



「『彼と付き合っているんですけど、お話がしたい』と、いきなり知らない女性から電話がかかってきたんです。びっくりしました。

 土曜日の夕方に呼び出された個室のカフェで待っていたのは、着物姿の30代女性。昼間はOL、夜は銀座のバーのチーママでした。チーママのワニ革のシガレットケースにお財布が、今でも脳裏にくっきりと焼き付いています」

 チーママは2年前から、彼へ金銭的に貢いでいることを告白。しかも彼は別の女性、銀座のクラブママ(40代)にも車をプレゼントされていたことを、涙ながらに訴えたそうです。

「最初はびっくりして震えが走りましたが、チーママが取り乱すうちに、どんどん引いていってしまって冷静になりました」

自分史上最悪の恋愛 チーママ曰く、彼はセレブが集まるパーティーをかぎつけて、そこで複数のパトロンをゲットするのだそうです。

「セレブ妻たちから誘われても断るそうです。彼が狙うのは、経済力のあるワーキングウーマン。私の場合は、お金ではなく人脈を利用しようとして近づいてきたのが一目瞭然でした。でもその時もまだ、彼が私を騙しているなんてどうしても思えなかったんです。私だけは違うんじゃないかって

次のページ 
本命は誰?彼を呼び出して問い詰めると…

1
2




あなたにおすすめ