Lifestyle
Love

親が不倫した時、子は何を思う?母の“性的な一言”にショック

現実を目の当たりにしたことで、家庭に幻想を抱けなかった

――お父様の不倫が発覚したことで、家族間に変化はありましたか? 「特になかったですね。母は父が他界するまで添い遂げたし、再婚を勧めても断り続けたので、父への想いは変わっていないのではないでしょうか。  ただ、不倫の数年後に父の金銭トラブルがあり、家族で相談中に『父さんと母さんは仮面夫婦だったけど、今回の件で絆が深まったんだ』って父が言ったんです。その言葉で、父が夫婦関係をどう見ていたか、なぜ不倫したのかがわかった気がしました。  同時に、父を慕い、不倫も許した母の前で『仮面夫婦』と口にした父に、ますます嫌悪感を募らせたのを覚えています」 結婚――親の不倫が、佐藤さんの男性観や結婚観に影響した部分などはありましたか? 「あきらかに外で遊んでいそうな父を見て育ったからか、幼いころから『永遠の愛』というものに疑念があり、『不倫は100%ダメなこと』と思わなかったんですね。人間だから、パートナー以外の人を好きになることがあっても仕方がない、みたいな。だから、父の不倫は、自分の考え方があっていたという確信材料になったと思います。  結婚に関しては、現実を見てきたことで“家庭”というものに幻想を抱けませんでした。5年前に結婚しましたが、『愛する人に一生尽くす』というよりは、『一緒にいて楽しい』と思える相手です。今思うと、両親のような夫婦にはなりたくないとの思いがあったんだと思います」 ――ご自身が結婚した今、両親に思うことを教えてください。 「結婚って、楽しく過ごせる相手との延長にあるものかなって今は思うので、どうしてふたりが結婚したのか、やっぱりわかりません。父のどこがよかったのかもわからないし、娘に夫の不倫を話した母の気持ちもわからないし、未だに謎だらけの夫婦ですね。  ただ、結婚しても不倫は仕方がないことという考え方は変わらなかったので、もし私が当時の母と同じ状況になっても受け入れられると思います。でも、いい気はしないので、バレないようにやってほしいですけどね。それよりも、ウチは私が家計を支えているので、『私の稼いできたお金をそんなことに使って!』って方に腹が立つと思います(笑)」  父親の不倫をきっかけに、両親へ複雑な想いを抱いてきた和美さん。それでも彼女は自分なりに、地に足の着いた「結婚」の答えを見つけていました。 <TEXT/千葉こころ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ