Lifestyle

女2人で海外のイケメンパラダイスに行ってみたら…

 カンボジアのロン島ってご存知ですか?

朝のアンコールワット 世界遺産のアンコールワットが有名なカンボジアですが、欧米人に大人気のリゾート、ロン島もあります。

 テレビ『旅猿』(日本テレビ系列 2014年4月20日放送)で、岡村たちが訪れ、ビーチにあふれるイケメン欧米人の多さに驚愕している様子を観て……、婚活中の筆者は旅行を決意しました!

東野・岡村の旅猿5

「東野・岡村の旅猿5 プライベートでごめんなさい・・・カンボジア・穴場リゾートの旅 ワクワク編 プレミアム完全版」アニプレックス

 が、とんでもない悲劇が待ち受けていたのです。

目的地までの移動がヤバイ



 アンコールワットは見ておきたいと、遺跡のあるシェムリアップから入り、ロン島のある南のシアヌークビルまで行こうと計画。

 10数時間のフライトを終え、夜にシェムリアップに到着。翌日朝一のアンコールワットは2日酔いで、あまり記憶がないのですが(笑)。

筆者(起き抜けスッピン)とアンコールワット遺跡群

筆者(起き抜けスッピン)とアンコールワット遺跡群

 そして深夜、バスでシアヌークビルに向かいます。その寝台が狭く、2人部屋のスペースは1畳もない。ぴったりくっついて、膝を曲げ横になれる程度。

 厳しい! でも寝ればいっか! 迎え酒もあいまって、数時間は寝れたものの、中間地点で乗り換えたワンボックスカーでは、明らかに定員オーバー状態で、すし詰めにされ身動きできないまま残り6時間の地獄の移動をしました(泣)。

 休憩のトイレもいわゆるボットン便所で、おまけに汚過ぎて、野外で用を済ませる30代女2人。

シアヌークビルの海

シアヌークビルの海

 腰もバキバキになり、やっとの思いで昼にシアヌークビルに到着。ホテルまでトゥクトゥク(3輪タクシー)で移動しましたが、砂埃で息が苦しい……とマスクをすると、マスクはすぐに砂埃で真っ茶色に(苦)!

 シアヌークビルのビーチは観光地過ぎてイマイチでした。そして泥のように眠り……翌朝スピードボートでロン島へ。(もちろん乗り心地最悪で酔い止め必須!)

シアヌークビルで観たファイヤーダンス

シアヌークビルで観たファイヤーダンス

ロン島のイケメンの正体とは



 カンボジアに来て早4日目、ついに念願のイケメンパラダイスへ!

 島に降りてビビったのが、道が全く整備されていないところ、スーツケースが砂浜にハマって進めやしない……、ビーチ沿いに宿がたくさんありますが、仕方なく船着き場前の宿に泊まる事に。

筆者「そんな事はいいんだ! イケメンはどこ~!?」

友人「キャー! イケメン! そこにもあそこにも♪」

 イケメンパラダイスの噂は本当で、どこもかしこも欧米人のイケメンだらけ。ですが期待していたのと何かが違う!?

 皆さんお肌がツヤツヤ。20代前半くらい? 下手したら10代!? そして揃って大きなリュックを背負って……。

 そう。ロン島はバックパッカーの聖地だったのです!

ロン島でビーチバレーするイケメンたち

ロン島でビーチバレーするイケメンたち

 毎夜若者たちがドンチャン騒ぎをしているからか、砂浜はゴミだらけ、ビーチもお世辞にもキレイとは言えない。

 立ち尽くす30代女子でしたが、満喫するしかないと、アイランドホッピングと夜光プランクトン鑑賞のツアーに参加したのですが、それも地獄だったのです。

次のページ 
ハードな電波少年的旅行は続く…

1
2




あなたにおすすめ