Entertainment

有名ファッション誌「黒塗りメイク」の表紙に批判殺到。モデルもSNSで謝罪

 世界的人気モデルのジジ・ハディッド(23)が、自身が飾ったイタリア版ヴォーグ誌の表紙について謝罪の意を伝えている。

 同誌5月号の表紙には、極度に肌を黒くし、まるで別人と見まがうほどのジジが写っている。これについて世間から、「フォトショップでの加工にもほどがある」、「黒人に扮(ふん)したメイク」など数々の批判が飛び交うこととなっていた。

イタリア版ヴォーグのジジ・ハディッド

批判されたイタリア版ヴォーグの表紙。肌を黒くしたジジ・ハディッドが写っている

 ジジは、その撮影後、ブロンズの肌のままグレーのパーカーとサングラスに身を包んだパパラッチによる自分の写真をツイッターに掲載し、こう謝罪した。

「これは4月3日に、イタリア版ヴォーグのカバー撮影が終わって帰宅する私の写真。撮影のセットで、どれだけブロンズを塗っていたかわかると思うわ」


分かってもらいたいんだど、撮影に関して私が決められることがあるかというと…その1、クリエイティブな方向性においてまったく権限はない。その2、撮影現場を離れた時点で、写真の加工などについて私がどうこうできる立場にはない

「ブロンズの肌やフォトショップ加工は(撮影を担当した)スティーブン・クラインが何年にも渡って続けてきたスタイルであって、今回の撮影でのねらいもそれ(クリエイティヴなやり方で自分を異化させる)だったと信じてる」

「けど、そのヴォーグ・イタリアの意図は理解できでも、それが正しく表出されていたわけではないわ。出てきた批判も真っ当なものよ」

「この表紙の加工、リタッチ、彩色で不快を覚えた人々に言いたい」

「今回私の立場が違っていたら、異なったものが出来上がっていたと」

ジジ・ハディッド

ふだんのジジの肌色に比べると、イタリア版ヴォーグの表紙ではかなり黒塗りされたことがわかる (C)Starstock

「それでも私は謝罪をしたい。なぜなら私は決して今回の批判を風化させたり、人々が意見を言う機会を奪うつもりはないから。この件が他の雑誌やチームの人々のこれからの規範となればいいと思う」

ファッション界では表現について深刻な問題がある。それらを認識して、コミュニケーションを通し、より多様性に満ちた業界を目指して動くことが私たちの責任なの

 同誌の出版社コンデナストも今回の件について、謝罪の声明を発表している。

「これまでの歴史を通して、ヴォーグ・イタリアは契約した写真家たちの創造に関する観点を尊重し、奨励してきました」

スティーブン・クラインによる最新号の表紙のビジョンは、ブロンズ加工をスタイルに、ビーチウェアをテーマにした物語を創りあげることでした。その結果が読者の様々な論争を呼んでいることを承知しつつ、我々はこのことで起きたあらゆる無礼に対し心よりお詫び申し上げます」

 今回問題となった、肌を黒く塗る演出「ブラックフェイス」については、これまでにも物議を醸してきた。

 最近では、日本のテレビ番組でダウンタウンの浜田雅功が顔全体を黒塗りした姿で登場したことが、国内外にわたって波紋を広げた。

 日本在住の米国人作家が「たとえ当人に差別意識がなくても、いわゆる“ブラックフェイス”は侮蔑的で差別的だと広く認識されているため、日本のテレビ番組が続けるなら、日本は差別的で無知な国だと思われてしまう」とコメントしていたが、日本のテレビ番組だけでなく、世界の様々な分野における意識改革がいま求められているのかもしれない。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ