Entertainment
Beauty

柏木由紀、夏菜までVIO脱毛告白…もうアンダーヘアはいらない?高須院長に聞いた

 夏を前に、がぜん気になってくるのがムダ毛処理。脱毛サロンや医療脱毛も身近になり、ここ数年はデリケートゾーンの脱毛=VIO脱毛をする人が急増しているようです。

 しかも、芸能人が堂々とVIO脱毛をカミングアウトするようになって、そのうち「毛がないのが普通」という時代が来るかも…。

ビキニ 既に、指原莉乃や峯岸みなみのようなアイドルや、りゅうちぇるや堀江貴文氏など男性も全身脱毛を公言しています。そこで、2017~2018年で新たにツルツル宣言した人たちをまとめてみました。

※Vラインはデリケートゾーンの前側、0ラインはお尻周辺、Iラインはその間です。

女性のVIO脱毛宣言は、もう恥ずかしくない?


●鈴木奈々、夫の気を引くためにVIO脱毛

 モデルの鈴木奈々(29)は、バラエティ番組で突然、「私は脱毛にハマってます。全部なくしたんです、下(の毛)」と告白し、スタジオを騒然とさせました。理由を聞かれると、夜の夫婦生活に不満で、夫の気を引くために「ツルツルにしたほうがいいかなって」と答えたのです。それで夫婦生活は復活するのかしら…。
<「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)3月6日放送>

●朝ドラ女優、夏菜までツルツル告白

 2012年のNHK朝ドラ『純と愛』でデビューした女優の夏菜(29)。バラエティでRIKACOに、「どっちが若い子は主流なのかなってのを聞きたいんだけど…下の毛剃ってる?」といきなり聞かれ、「とりあえず、あの永久脱毛系ですね」と返答。朝ドラ清純女優までVIO脱毛を明かす時代になったんですねえ。
<『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)2017年7月26日放送>

ショートカット。 @nob1211 にカットカラーしてもらいました

夏菜さん(@natsuna_official)がシェアした投稿 –


●AKB48・柏木由紀、Vは残してIOはなくした

 SNSで脱毛サロン通いを明かしていたAKB48の柏木由紀(26)。ラジオ番組で、ケンドー・コバヤシに「V・I・Oどこまでやりました?」と追及されると、柏木は「超普通です。I・Oはいらないです」「Vはごくごく普通にしました」。IOはツルツルに、Vは残したというわけです。

 さらに、ケンコバと下の毛をネタに掛け合いをやってのけ、リスナーの妄想を爆発させました。
<『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)2018年2月28日放送>

柏木由紀

男性の全身脱毛も急増中


●ロンブーの田村淳、無痛の全身脱毛

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(44)は、40代にして全身脱毛したことをラジオ番組で報告。最先端のマシンだから「全然痛くない」そうで、「1年ぐらいかけて、ツルツルにしていきますから」とのこと。
<『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)2017年5月23日放送>

●オリラジの藤森慎吾、ワキ以外は脱毛済み

「FOXムービー 短編映画祭2016」授賞式(2017年3月8日)のMCを務めたオリエンタルラジオの藤森慎吾(35)。ワキ毛を題材にしたアニメ作品にちなんで、突然「私、藤森。チャラ男は全身脱毛しており、ツルッツルなんです」と宣言しました。ワキ毛だけは残して、すね毛もアンダーヘアも脱毛済みだそうです。「見えないところは(毛は)なくてもいいかな」と思ったとか。

VIO脱毛って痛くないの?


 これだけ公言されると、「もう下の毛っていらないのかな…」という気にもなってきます。でも、デリケートゾーンと呼ぶほど敏感な部分を脱毛するって、痛くないのでしょうか? 医療レーザー脱毛も行っている高須クリニックの高須克弥院長に聞いてみました。

VIO脱毛「まず脱毛というのは、光やレーザーで毛根にダメージを与えて抜けるようにするもの。

 エステサロンは光を当てるんだけど、出力が弱いからまた生えてくる。正確には『減毛』だね。

 それに対して、医療クリニックはレーザーを当てて毛母細胞を破壊するから、永久脱毛と言っていい。これは医療行為だから、医療クリニックしかできません。使うマシンが全然違うの。

 医療レーザー脱毛は出力が強い分、痛いと言われていたけど、マシンが進化しているからずいぶん痛みは減っていますよ」(高須院長、以下同)

 女子SPA!でVIO脱毛体験レポートを書いた人も、「昔より痛みがなかった」と。15年ほど前は、氷で冷やしながらやったけれど、今は脱毛器の照射口に冷却機能がついていたと言ってました。

「そう。冷やしながらだと痛みを感じにくい。あと、麻酔クリームを使うこともあります。麻酔も医療行為だから、エステでは使えないけどね」

 ロンブーの田村さんが「最先端の技術だから無痛だった」と言ってますが、そんな技術があるんですか?

「彼が使ったマシンは何かわからないけど、いま最先端なのは『メディオスターNeXT』という高出力ダイオードレーザー脱毛器だね。

 今までのレーザーは、毛根に当ててたんです。それに対して、高出力ダイオードレーザーは、もっと浅いところにある『毛包幹細胞(バルジ)』に照射するの。バルジは『毛を生やせ』という指令を出す細胞で、浅い部分にあるからほとんど痛くないんですよ。

 このマシンは高須クリニックで使ってるし、導入してるクリニックはいくつかあるよ」

メディオスター体験

以前、高出力ダイオードレーザーを腕で体験した

 たしかに、以前、女子SPA!ライターがこのマシンで腕脱毛を体験した記事では、レーザーが当たってることに気づかないほど痛みがなくて拍子抜けしたものです。

 マシンの進化も、脱毛人口が増えている理由のひとつなんですね。

<取材・文/女子SPA!編集部>

【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。近著は『ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて』、『炎上上等』(扶桑社新書)

⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

あなたにおすすめ