Lifestyle
Love

47歳同士でダブル不倫。「妻のことも大好き」なのになぜ?|不倫男の胸のうち

<恋する「不倫男」の胸のうち――Vol.2>

 昨今、不倫の主流は「ダブル不倫」に移っていて、男性のほうがロマンチックに恋を語る――そう言うのは、不倫事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さんです。男性の不倫はどんなきっかけで始まるのか。相手女性への、そして妻への気持ちは。亀山さんが、不倫の恋に身をやつす「男性」たちの胸のうちをレポートします。(以下、亀山さんの寄稿)

根っから女性が大好き、というタイプの婚外恋愛


 根っから女性が大好きという男性がときどき存在する。おしなべて、男性の胸のうちには大小は問わず「女性への恨み」みたいなものが隠れているような気がするのだが、そういうものがまったくない男性のことだ。

ミドルカップル 男性の女性への恨みというのは、異性の体から産まれてくることに端を発しているのではないかと思うのだが、だからこそ母親に異常な執着を抱くマザコンもいれば、「思うように愛されなかった」と恨みを抱えるマザコンもいる。母と娘とはまた違った確執をもっている男性も少なくないように思う。

 そういった確執を抱えきれないからこそ、男は男であるだけで女よりエライと、女性を下に見ることで自身の存在価値を見いだそうとしているのかもしれない。あるいは母の溺愛によってプライドだけが肥大していった可能性もある。いずれにしても、男性は母親の影響を免れない。

 ところが根っからの女性好きというのは、母親に特別執着もなく、自分とは違う性であるというだけで「わーい」と喜んでしまうタイプ。明るくて女性を励ましたり元気づけたりするのが大好きで、男女問わず友だちが多くて魅力的だったりもする。なんの下心もなく女性とみれば親しくなろうとするので誰からも憎まれない。

 こういうタイプは、恋に落ちるとめいっぱい恋を楽しもうとする。ところが恋が始まって少したつと、妻を見ては「オレはいけないことをしている」と嘆くのだ。

妻も彼女も好きだから選べない


 リフォーム関係の会社を営むリョウスケさん(48歳)がまさにこういう男性。結婚して25年の間に何度か恋はしたが、「今の恋がいちばん自分をコントロールできない」と言う。相手は仕事先の家の主婦・トモコさんで同い年。2年ほど前、夫も交えてリフォームの話をし、2ヶ月ほどで仕事が終わったので疎遠になった。街でばったり会ったのが1年前だ。

ロマンチックデート「こんな偶然があるんだと思いました。彼女のことはずっと気になっていたけど、仕事先の奥さんを誘うことはできなかった。再会できたのでお茶を飲んで、連絡先を交換して別れたんですが、楽しい時間だった。楽しかったからまた会いたいなと思って連絡したら、彼女もそう思っていた、と。じゃあ会いましょうって会ったら、彼女をもっと知りたくなった。そういうものですよね、恋って」

 勢いで突っ走るような恋の始まりに、人は何も考えられないのかもしれない。だが、リョウスケさんにもトモコさんにも家庭がある。リョウスケさんは学生時代からつきあっていた女性と卒業後すぐ結婚。22歳を筆頭に3人の子がいる。トモコさんは32歳のときに一回り年上のバツイチ男性と結婚、ひとり息子がいる。どちらの家庭も破綻しているわけではなかった。

次のページ 
「僕は妻のことも大好きなんですよ」

1
2
あなたにおすすめ