Entertainment
Lifestyle

陽気なコロンビア人から悲鳴が…子連れサポーターのW杯観戦記

大迫のゴール!そのときスタジアムでは…

 いよいよスタジアムに到着です。席は日本側ゴールの裏側。前から6列目。
ゴール裏の席

ゴール裏の席

 日本側といっても観客の7割くらいがコロンビア人なので(日本人が2割、それ以外が1割といったところ)、日本のゴール裏にもコロンビア人がいっぱい。  日本人サポーターが固まって立って応援しているエリアにも移動可能でしたが、子連れなので座って応援することにしました。4大会めの観戦ということもあり、周りには見知った顔もチラホラ。日本でもよく会うW杯友達のほか、4年ぶりに会う人、というかW杯でしか会わない人もたくさんいます。  みんな4年前の屈辱を胸に、そして雪辱を晴らすためにここに集っているのです。  そんな私たちの熱い思いを受けて、我らが日本代表がやってくれました…! みんな泣いていました。私も泣きました。  2010年南アフリカ大会のデンマーク戦以来、8年ぶりの、待ち望んでいた勝利です。何より、大会前は酷評されていた代表が、戦う姿勢を見せてくれたことがうれしかった。  実力が上のチーム相手に一歩もひるまず、闘志をむき出しにして戦う。私の見たかった代表の姿がそこにありました。  同点に追いつかれた後、ゴール裏はコロンビアサポの大合唱が続いていました。日本のサポーターも必死で声を出し続けるものの、圧倒的な数と声量にかき消されてしまう。
コロンビアサポーター

JMPA代表撮影

 そんな状況を一変させたのは大迫選手のゴール。コロンビアサポは一瞬で静まり返り、さっきまでの「もう試合はもらった」といわんばかりの余裕の表情は消え去りました。  代わりに生まれたのは焦りと悲痛の叫び。 「まさか、格下の日本に俺たちが負けるのか…?」観客席に新しい雰囲気が生まれ始めます。

このタイミングで…「ママー、うんちした」

 そんなスタジアムの一角で、座席の下に潜り込んでいた次男。ふと、嗅ぎ慣れた臭気が私の鼻を襲いました。 「まさか、こんなときに…」  いやな予感が頭をよぎった瞬間、「ママー、うんちした!」と笑顔で伝えてくる2歳児。半端ない。  いや、このタイミングでする?  1日24時間あるのに、なんなら旅行中でやや便秘気味なのに、よりによって今する?  こんな展開の中トイレに行けるはずもありません。「ちょっと待って! すぐ替えてあげるから!」といって放置する鬼母。  旅行までにオムツ外そうとがんばってたけど、トイレトレ―ニング失敗してオムツでしてくれてよかったー! と心の中で叫んだ歴史的勝利の瞬間なのでした。 ―子連れサポーターのW杯観戦記 vol.3―
おざき一家キャッチ

ロシアに出発するおざきゆかさんと、子どもたち

<文/おざきゆか> 【おざきゆか】 女性誌を中心に活躍する編集・ライター。家族はラテン系の夫と2歳・5歳男児。今回のロシアW杯で、4大会めの現地観戦(ブラジル大会は1歳の子連れで)。大学時代にサッカー経験あり twitter ID @yukamorocha
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ