Gourmet
Lifestyle

萌えキャラとコラボする“老舗だんご”に驚愕/カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」

カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」Vol.24 鳥取県石谷精菓堂「打吹公園だんご」】 石谷精菓堂「打吹公園だんご」 さて今回のテーマだが、到着時点で、ちょっとしたことがあった。  それを持ってきた宅配便の人が、私に渡すとき「だんごが届いています」と言ったのである。  宅配の人が荷物の内容まで言うのは、少なくとも私にとっては稀(まれ)であった。  炭疽菌が入っているというなら、一応相手に伝えておくべきかもしれないが、何せだんごである。 「それ言う必要あったか」伝票にサインをしながら、そう思った。  まさかの「宅配員にネタバレを食らう」という事態に、開ける前からそれが「だんご」だということは判明してしまったわけだが、それで「だんご……だと……?」となったわけではない。むしろ「だんご」というのは日本の銘菓の中では意外性ゼロの部類である。  よって「なるほど、だんごか」と、特にワクワクするわけでもなく、包装を解き、箱を開けた。

だんご過ぎるだんごだった

 驚いた。  腸チフス菌が入っていたわけではない。むしろ品名にだんごと書き、宅配員にだんごと念を押させた上でそれが入っていたら、担当の殺意が明確すぎて怖い。  箱に入っていたのは紛(まぎ)れもなく「だんご」だった。  しかし「だんご過ぎ」だったのである。  もし「だんごの絵を描け」と言われたら、私のように絵心のない人間だったら、丸を一つ描いてだんごと言い張るだろう。しかし、少しでも覚えのある者なら、三色の丸を三つ描き、それに串が通っている「だんご」を描くのではないだろうか。
打吹公園だんご10本入り

打吹公園だんご10本入り 930円(税込)23.5×10.6×2.9cm、215g 石谷精菓堂販売ページより https://www.apionet.or.jp/kouendango/order/order.html#dango

 このだんごは、そんな三食のだんごに串が通っている「絵に描いたようなだんご」だったのである。  ただ、アニメに出てくるような大振りのだんごではなく、一個がビー玉大だ。  色は、白あんの白、小豆あんのこげ茶、抹茶の緑だ。その三色だんごが1本の串に通され、箱に10列並べられている。  それがとても綺麗なのである。よく見たら、並べた時見栄(みば)えが良いように、白茶緑の順番が変えられているのだ。  あまりに威風堂々とした、だんごっぷりに宅配員も持っただけで「これはだんごと伝えねば」と思ってしまったのかもしれない。

鳥取県の銘菓「打吹公園だんご」

石谷精菓堂の「打吹公園だんご」

石谷精菓堂公式サイトより https://www.apionet.or.jp/kouendango/order/dango.html

 そんなTHEだんごな今回の銘菓は石谷精菓堂の「打吹公園(うつぶきこうえん)だんご」である。  しかし、見た目はこれ以上なくだんごな「打吹公園だんご」だが、所謂(いわゆる)だんご粉を丸めただんごではなく、前述の通り、三色のあんに餅を包んだ、おはぎスタイルの団子である。  あんは非常にきめ細かいこしあんで、甘さが控えめなので、あんこ好きはもちろん、あんこが苦手でも食べられるのではないか、と思う。
次のページ 
萌キャラパッケージにつつまれた打吹公園だんごの姿が……
1
2




あなたにおすすめ