Love

“ちょうどいいブス”を名乗って後悔。強烈にメンドクサい男を引き寄せてしまい…

「ちょうどいいブス」を自称するお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイを見て、「私の方が先に自称してたのに!」と冗談半分に悔しさをにじませるのは、遠藤麻衣さん(仮名/27歳)。


 彼女は「ちょうどいいブス」を自称するモテまくり女性。とはいえ、モテすぎるのもいいことばかりではないようです。

コンプレックスを跳ね返した“モテ”の流儀とは


 これまでアプローチされた男性の数は「覚えていない」と言うほど、多くの男性を魅了してきた麻衣さん。幼少期から外見へのコンプレックスが強く、会話や仕草、ファッションなどで“いいオンナ”に見せる努力を重ねた結果、「実際より10割増しで可愛く見られるようになった」のだとか。

「テクニックとも言えないくらい普通のことだけど、好かれたい男性の懐に飛び込んで、親近感を抱かせるのがいちばん手っ取り早いかな。次は会話やリアクションで『楽しいやつ』と思わせて友だちの座をキープ。女を意識させない関係性を築いた上で女らしさをチラッと覗かせると、ほとんどの男性が『麻衣ってよく見るとかわいいよな』って言ってくれます(笑)」

自称「ちょうどいいブス」

写真はイメージです(以下同じ)

 ボディタッチも褒めもしない。自分なりの意見を持って、男性に流されるようなこともない。豪快に笑ったり下ネタに乗ったりもするけれど、言葉遣いやファッションなどでは絶対に女性らしさを忘れない。そんなスタンスを一貫するうち、モテモテの人生になったそう。

「男性ウケを狙ってぶりっ子キャラや天然キャラを演出する女性も多いけど、それって本当にかわいい子がやるから効果的なわけで、ブスがやっても見苦しいだけ。あと、かわいい子や綺麗な人は容姿だけで十分魅力的だから、見習おうとしたってブスの手本にはなりません。ブスはブスなりに、男性の手の届くポジションで手をのばしたくなるような“ちょうどいいオンナ”でいることが、モテる近道だと思います」と、麻衣さん。

 ただ、モテればいいというものでもないようで……。

勘違い男性が彼氏気取りに


 友人を介して知り合った2歳年上の直人さんは、みんなが慕う兄貴分で、鍛え上げたボディが自慢のややイケメン。麻衣さんとはグループで遊びに行くだけの関係だったそうですが、あるとき、花見の場所取りとして数時間ふたりで過ごすことに。そこで直人さんが兄貴分ならではの悩みを漏らしたため、話を聞いてあげたと言います。

 しかし、その後のお花見で異変が……。

次のページ 
何様? 勘違い発言にビックリ

1
2




あなたにおすすめ