Love

“婚活仲間”は友達じゃない?足を引っ張り合う、ネガティブ女子会の実態

アラフォー婚活の現実 Vol.33】  婚活をしていると、婚活中の同性と仲良くなりやすいです。同じ境遇の者同士、切磋琢磨しながら婚活に臨めますし、婚活仲間がいると合コンや相席居酒屋などに行く機会が増えます。
女子会

写真はイメージです(以下同じ)

 その一方で、女子会を繰り返すことで婚活のモチベーション低下につながることも。今回は、婚活仲間との付き合い方について考えてみたいと思います。

婚活女子の集まりはネガティブオーラ全開

 合コンやパーティーに出かけると、異性ではなく同性の友達ができることも多いです。婚活仲間が多いほど、合コンやイベントのお誘いが増えるので、同じ仲間ができることは心強いです。私自身も長年の婚活で地道に婚活仲間を増やしていき、出会いのチャンス拡大に繋げてきました。  しかし、婚活仲間が増えると女子会を開催することも多くなります。この女子会がちょっとクセもの。女同士がつるむと、婚活に関するネガティブワードがさく裂するからです。 「どこに行っても、全然いい男いないよね!」 「ほんと、グイグイ来るのはオッサンばっかり」 「なんかもう、結婚できる自信がなくなってきた」 「こうなったら、妥協するしかないのかな」 「もう誰でもよくなってくるよね…」 「仕事もいつまで続けられるかわからないし、将来が心配」 「このままだと孤独死するかも…」  特にアラフォーになると、みんな婚活がうまくいかず、疲弊しきって将来を悲観する話が多くなります。

彼氏ができたら、女子会に参加しないほうがいい理由は?

 彼氏ができると付き合いが悪くなり、女子会に参加しなくなる女性は多いと思います。これは、ある意味賢い選択かもしれません。 婚活仲間 私も彼がいた頃は、あまり女子会に参加していませんでした。単純に彼と過ごす時間が増えて、女子会に行く時間が取れなくなった、という事情からです。  しかし、女子会で彼ができたことをみんなに報告したとき、相手のことを根ほり葉ほり聞かれたことに疲れた、という理由も大きかったです。  そのときに、年齢や職業を尋ねられ、彼がアラフィフだと言うと「そんなおじさんとよく付き合えるね!」と驚かれました。  また、彼と付き合い出したきっかけを話すと「それって、本当に付き合ってるの?」とも、言われました。  このように、いちいち反応にトゲがあったんですよね。どうにかして、彼のアラを探そうとしてくるのがわかって。  だから、フリーの婚活女子の集まりに行く気が失せてしまって、彼氏のいる友達とばかり会っていました。
次のページ 
彼氏と別れたときの反応は?
1
2




あなたにおすすめ