Love

結婚相談所は「プロフィール写真」が命。“申込みゼロ”から急にモテ始めた理由とは

アラフォー婚活の現実 Vol.32】

 結婚願望のないアラフィフ彼氏に見切りをつけ、40歳で結婚相談所に入会したRikakoです。

 あれから正式に彼とお別れし、今は結婚相談所で地道に活動を続けています。しかし、入会当時はまったく男性から申込みがありませんでした……。

結婚 そこで、あることを行ったら、申込み数が劇的にアップしたのです。今回は、結婚相談所で活動するにあたって、最も大切なことについて紹介します。

プロフィール写真を自撮り写真で掲載していたら、申込み数ゼロ!


 私が入会した結婚相談所は、他社に比べて活動費がリーズナブルでした。だから、私自身もネット婚活の延長のような感覚で、プロフィール写真も当初はお金をかけずにスマホで自撮りした写真を掲載していました。

 自撮りした写真にアプリを使って美白フィルターをかければ、いい感じに盛れた写真が完成します。実際に、昨年婚活サイトで活動していたときは、このアプリでちょい盛りした自撮り写真でたくさん男性からアプローチしてもらえました。

 しかし、結婚相談所でこの自撮り写真を掲載したところ、反応はゼロ!

自撮り写真

写真はイメージです(以下同じ)

 結婚相談所から、毎月数名の紹介が入ってくるのですが、お見合いの申込みをしても、ことごとく不成立に……。男性からの申込みも全くありませんでした。

 当初は、年齢が39歳から40歳になったことで、婚活市場で全く相手にされなくなったのだと思い込んでいました。40歳の壁はこんなにも厚いのかと、絶望していました。

結婚相談所では、プロ撮影の写真でないと勝負できない!


 私はブログに結婚相談所に入会後の悲惨な現状をつづっていました。すると、読者の方から「申込みが来ないのは、プロフィール写真がよくないのでは?」というご指摘を受けたのです。

 そこでようやく私は、婚活アプリ感覚の自撮り写真だと、結婚相談所では勝負できないことに気づきました。

次のページ 
自撮り写真では、男性にスルーされてしまう!?

1
2




あなたにおすすめ