Love

汗っかきのせいで恋が消えた…恋愛ベタ女性たちのトホホな体験

 表面に出せずに、心の中で思い悩んでいる、思いがくすぶっている…「くすぶり女子」とでも言いましょうか。ソーシャルワーカーである私も、そんなくすぶり女子の一人です。

恋愛ベタ 前回は友人や職場での人間関係について紹介しましたが、今回は恋愛に関する失敗談を紹介します。人づきあいが苦手なゆえに、ヘンテコな行動に出てしまうことも――。

汗が気になって愛想をつかされた学生時代


 まずは、大学時代に悲しい経験をしたという美緒さん(28歳・仮名)のエピソードです。

「サークルで知り合った先輩からメアドを聞かれて、頻繁にメールが来るようになり、これは脈ありかも!? とドキドキしていました。当時は夏真っ盛りで、私はひどい汗っかきでした。背中だけではなく脇も…。グレーの服なんて絶対着れなかったんです」

 先輩からのアプローチに心を開きつつあった美緒さんですが、汗のことが気になって、不安があったそうです。

「花火大会に行かない? ってデートに誘われたんです。やったー! と思いながらも一抹の不安がありました。花火大会ってたくさん人がいるし、暑いし、汗っかきがバレたらどうしようと考えてしまったんです。どうしてもデートに踏み切れなくて『花火大会はちょっと…難しいです。ごめんなさい』ってメールを送ってしまいました。

 そしたら先輩は気持ちが冷めてしまったようで、メールが来なくなってしまいました」

 水族館とか映画館とか代案を出せばよかったと、今でも後悔しているそうです。

フラれた彼の名前をSNSのアカウント名に


 次は、思いがくすぶるというより、痛い方向に向かってしまった例です。

告白「私がよく恋愛相談にのっていた、女友達の話なのですが…」という茜音さん(31歳・仮名)。

「ある日、彼女から『片思いの男性に告白したらフラれちゃった』と報告を受けたんです。友人は情熱的な女性で好きになったら一直線だったのですが、直接のアプローチは苦手でした。本当に勇気を出して告白したんだと思いますが、フラれてしまった。
 その日も号泣していて、ショックをmixiに書いていました」

 当時はmixi全盛期でした。数日後、mixiにログインした茜音さんが驚いたのは…。

「友人がmixiのアカウント名を、『フラれた彼の姓+自分の名前』にしていたんです。ショックなのはわかるけど、これはヤバい! と思って、すぐ電話して、気持ちはわかるけどアカウント名は直したほうがいいよ、と伝えました。
 でも友人は、『彼を吹っ切るために1日だけこの名前でいたいの』って…。今となってはそんなこともあったねって笑い話ですけど」

 フッた男性がそのアカウントを見たら、ゾゾッと怖がられそうですね。

次のページ 
ビーチBBQでキョドってしまった

1
2
コメント機能がスタート!
右上の「コメント」ボタンから記事の感想などをどうぞ♪
他の人のコメントも見れるよ!
なお、トライアル版につきコメント反映までしばらく時間がかかることがございます。




あなたにおすすめ