Love

婚活で絶対避けたい「こじらせ男子」5種。一見ステキだからタチが悪い

手ごわいおねだり攻撃。年下に多い「かわいい属」

 この本はこじらせ男子たちを「こだわり属」「節約属」「盛り属」「チャラ男属」「かわいい属」にカテゴライズしています。この属性の中で気になったのが「かわいい属」の男子です。 かわいい属 私は一年半ほど前に、9歳年下の男子と何度かデートしたことがあるのですが、彼は「かわいい属」の「お願い男子」と「ぶりっ子男子」の複合タイプでした。見た目もかわいらしい顔立ちでしたが「お願いだから、手を繋いでもいい?」「お願いだから、ハグしてもいい?」「お願いだから、キスしていい?」と、かわいい顔して次々と大胆なことを言ってきたのです。  また、初デートは代官山だったのですが「代官山なんて初めて来た~♪」「こんなおしゃれなお店に入ったのはじめて!」とぶりっ子発言を連発。これは、無邪気な年下男子だから許される言動です。  もしも、アラフィフのおじさんが「お願い男子」や「ぶりっ子男子」だったら、想像するだけでゾゾッと鳥肌が……。 お願い男子【お願い男子】・・・「お願いだからヤラせて」が口癖。世渡り上手で、究極の愛されキャラ。浮気をされても憎めず、つい許してしまいがち。高価なプレゼントをおねだりするのも得意。 【ぶりっ子男子】・・・モテるために女子力を磨く、進化形の肉食男子。ファッションやスイーツなど、女子が好きなものが大好き。SNSは美肌アプリやSNOWを駆使したかわいい系。  本にはこじらせ男子の取り扱い方法が書かれていましたが、「婚活」という場においては、こんな面倒くさい男たちに関わっている場合じゃありませんよね。なんて言っているから、私は結婚できないのでしょうか。  とにかく、この本に載ってないような、“NOこじらせ”の男性に出会いたいです! <文/Rikako> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
Rikako
アラフォーの婚活ブロガー。結婚相談所から婚活アプリまで、ありとあらゆる婚活を経験。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ