Love

「孤独死したくない」が婚活の動機としてNGな理由

<みきーるの女子マインド学>

 10月になりましたね。もうすぐ、人肌の恋しい季節がやってきます。「そろそろ、本格的に婚活しよう」なんて決意する人もおられるのでは?

「そろそろ、本格的に婚活しよう」なんて決意する人もおられるのでは? でも、気張りすぎて息切れしては残念すぎ。 今回は、「絶対失敗する婚活の動機」をチェックしましょう!

 だいたいにおいて、挫折する婚活というのは動機が間違っておるのです。心当たりがある人は、見つめ直してみましょうね。

ダメなのはズバリ!「孤独死したくないから…」


「婚活の動機」で最低最悪なのがコレです。何を言っておるのかと。このスローガンを掲げてしまうのは、恋愛のとぎれない人よりむしろ「彼氏いない歴=年齢」だったり、経験のとぼしい人が多い模様。それなのに1球目でホームランを打ちたいとか、宝くじ1枚で1等を当てたいとか、内なる貪欲さが見え見えなのがもうダメ!

 こういう人が言う「孤独死したくない」とは、夫や子供、孫に愛され、大事にされ、なんの心配もなく老後を迎えて最後は皆に看取られる……という未来を指すのでしょう。

3世代の幸せなファミリー でも、たとえば今30歳で80歳まで生きるとしたら、それまで50年という年月を生きなくてはなりません。その間、夫と離婚や死別をするかもしれないし、子供に恵まれるかもわからない。家族と良好な関係を維持できるかもわかりません。

 そんな先のことを目指すより、目の前のこと。「明日からの1日1日を仲よく過ごせる人に出会いたい」、そういう気持ちでいたほうが賢明です。

「明日も一緒に笑える人を探したい!」 10メートル先のゴミ箱に紙くずを投げるより、足元をよく見て、気持ちも環境もとっちらかっていればきちんと整理する。“今”と“明日”を大事にしたほうが、良縁につながるというものです。

 同様に「親がかわいそうだから」とか、「世間体が悪いから」とか、人のせいにしたり自分の気持ちを無視した婚活は、途中でわけがわからんようになりがち。

「結婚したい、パートナーが欲しい」というのは自然なことですが、50年後の未来なんて置いといて、「明日も一緒に笑える人を探したい!」このくらいの気持ちで挑むのがいいんじゃないかと思います。

 よき出会いがあるといいですね!

<文/みきーる>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】みきーる著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『ジャニヲタ刑事!』

みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。 ●Twitterアカウント:@mikiru ●公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
女子SPA!にコメント機能がスタートしました!
右上の「コメント」ボタンからぜひ投稿&閲覧してね♪
なお、トライアル版につきコメント反映までしばらく時間がかかることがございます。




あなたにおすすめ