Lifestyle

「ダンナっち」って…ちょっと違和感のある、女友達の夫の呼び方

<みきーるの女子マインド学>

 とても知的に見えた女性が「今日、ダンナっちがね……」などと言い放ち、ズッコケたことはないですか? 私はあります。

友達と食事 今回は、なんかモニョる、人様のダンナ呼びをお届けします。その呼び方は、大丈夫!?

夫っち、ダンナっち


「ダンナっち? “~っち”とは? そういえば、たまごっちってあったよね……」とか、謎の懐古心を呼びさまされる“~っち呼び”。新婚さんに多いでしょうか。

夫くん、ダンナくん


 主に港区のセレブ若妻に使われがちとかいう、“くん付け”。夫を男子っぽくポジショ二ングすることで、オヤジ化を遅らせる狙いもあるのだとか。反対語は、もちろん“お嫁ちゃん”!

ダンナさん、夫さん


 自社の社員に“さん付け”したらおかしいように、自らの夫を「ダンナさんがね……」というのは、やや違和感をおぼえます。さん付けじゃなくてもよくね? “夫さん”は、人に呼ばれるのならアリです。

パパ、お父さん


 自分の夫を指して「パパがダメって言うから」などという人はよくいます。疲れていると、つい「あなたのパパなの?」とか言っちゃいそうですが、パパの前には「うちの」とか「子供たちの」といった語が略されているもの。心でそっと補って!

「あなたのパパなの?」とか言っちゃいそう
次のページ 
離婚が決まった女性がよく使うのは…

1
2




あなたにおすすめ