Lifestyle

パイロットと婚約したけど、元ヤンがバレて破談に。過去をバラした意外な人物とは?

 結婚が決まるのはおめでたいもの。本人だけでなく、周囲もお祝いモード一色になるものでしょう。

結納 婚約

写真はイメージです(以下同じ)

 ところが、お祝いの席で、身近な人物にヤンキーだった過去をバラされたせいで、婚約破棄されてしまった女性がいるそうです。

元ヤンの幼馴染がパイロットと結婚へ


 そんな残念な経験をもつ幼馴染(おさななじみ)の話をしてくれた仁美さん(29歳・仮名)は、元ヤンの彼女についてこう語ります。

「幼馴染とは小学校~中学校まで一緒に通っていたのですが、中学生の当時はバリバリのヤンキーでした。とにかくオラついてたっていうか(笑)。普通に授業はサボるし髪も金髪にしてる時だってありました」

 そんな元ヤンの彼女から結婚するという報告があったそう。

ダイヤモンドの婚約指輪「短大を出て空港で勤務するようになった幼馴染から、職場で出会ったパイロットとお付き合いしているということは前から聞いていました。誕生日を機にプロポーズを受けたと報告があって、“玉の輿だね!”なんて、からかいつつも良かったなぁと思ってました。

 もし、ヤンキーだった昔にパイロットの彼と出会っても、そもそも恋愛対象として見られないだろうねって彼女と話したりもしましたね」

 ヤンキー時代の幼馴染の姿を思い出すと、立派に働いてパイロットにプロポーズを受けるまで成長した彼女にホッとしつつも、当時の様子がバレないといいな…と心配する気持ちもあったそうです。

ヤンキー時代がバレて気まずい空気に


「しばらくして、お互いの両親も含めた顔合わせ、いわゆる『結納』をしたそうで、幼馴染からその報告がありました。でもあまり良い表情ではなくて話を聞いてみたのですが…

『父さんが酔っ払って、スマホに保存してた私のヤンキー時代の写真を相手の親にめっちゃ見せてたんだよね…。うちの子はこんなにやんちゃだったけど、今ではこんなに良い子に育ってくれて…みたいな、なんとかプラスのことを伝えたかったみたいなんだけどカラ回りしちゃってさ。

 もう父さんやめてよ!! って母さんと二人で言ってんのにやめてくれないし、相手の両親も苦笑してたしマジであせったよ』

…と言っていて」

父親が もともと彼女のお父さんは酔うとカラみ癖があったそうですが、どうやらそれが悪い方向に出てしまったようです。

「相手の親は家柄も良くて、警官や消防士になってる親族が多かったり、格式を重んじる性格といいますか…そういう人を前にして緊張をほぐそうとしたのかもしれないですけど。

 私も彼女のお父さんの酔った姿は見たことがあるのでやっちゃったなーって思ったんですけど、まぁ娘のことが大好きなお父さんの様子が伝わって良かったんじゃない? なんて話していたんです」

 軽い失敗程度に思っていた仁美さんと幼馴染の二人でしたが、のちに事態は波乱を迎えることに…。

次のページ 
「元ヤンと結婚はNO!」母からのストップ

1
2




あなたにおすすめ