Lifestyle

「結婚指輪、4割引きで買えるよ」と言い放つ彼氏。これって許せる?

指輪は社割!これってあり?なし?

 プロポーズはとりあえずスルー。結婚式は元々お互い興味がない。しかし、指輪くらいと思って「指輪とか、買っちゃう?」と照れながら聞くと、「え?欲しいの?」と逆に聞き返されてしまうではないですか。 婚約指輪「一応欲しいけど」と、申し訳程度に返事をしてみますが、改めて考えると、筆者にも仏くんにも指輪をする習慣はありません。むしろ二人とも指が太いので、合うサイズを探すのが一苦労。 「欲しいなら親戚がジュエリーブランドに勤めているから、社割がきくよ」  彼は関心なさげに言うので、思わず「え、お得じゃん!」と反応しましたが、果たしてお得でいいのでしょうか。  少し時間が経つと「社割で結婚指輪ってどうなんだ?」というモヤモヤが出てきます。でも、2人で選んで買い行くことに変わりはありません。じゃあなぜ割引にモヤッとするのか考えると、一大イベントに値引きという選択をすることで、自分を軽んじられていると錯覚していることに気づきます。  これってよく話題にあがる、ラブホテル代を割り勘されるとモヤっとするのと、基本原理は同じです。自分の価値を金銭価値に置き換えるからいけないのです。  わかっちゃいましたが、自分の中にまだオンナがいたとは…。気づくだけでも、このイベントを経験した意味があるというものですが、お金とオンナの関係は根深いのです。 不満 とりあえずHPを見ながら指輪の値段を物色します。 「ねえ、割引ってどのくらい安くなるの?」 「4割くらい引かれるんじゃない?」  つまり20万円の指輪なら、12万円になる…。めちゃくちゃお得やないかーい! オンナの小さなエゴも、8万という金額を前にしたら、シュッと素直に引っ込んでしまいました。 <文・イラスト/おおしまりえ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
おおしまりえ
水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。ブログ
1
2




あなたにおすすめ