Fashion

次に来る羽織りものはビッグシルエットのジャケット。カジュアルウェアに合わせてみては?

モードをリアルに着る! Vol.68/小林直子】  スポーツウエア、アウトドアウエア、そしてワークウエアなど、カジュアルなアイテムが主流になった今、それをどうやったらよりファッショナブルに今の時代の気分で着られるかが多くのハイブランドのテーマとなっています。
 ウィメンズに限って言えば、これまではスニーカーとドレスというように、スカートやドレスといった、女性しか着用しないようなアイテムにスポーツウエアやアウトドアウエアのアイテムを合わせるというのが主流でした。

ワークウエアにテイラーリング技術のアイテムを合わせる流れ

 その次の流れとして最近出てきたのがスポーツウエア、アウトドアウエア、ワークウエアにテイラーリング技術を駆使したアイテムを合わせるというスタイリングです。  テイラーリング技術とは、テイラードスーツやチェスターコートに代表されるような、仕立ての技術を駆使した衣服で、その多くはもともと男性が着用していたものです。
 そのテイラーリングを得意とするステラマッカートニーが2019年春夏で提案したのは、スポーツウエアやワークウエアとテイラーリング、主にテイラードジャケットを組み合わせたスタイルでした。

つなぎにジャケットを合わせたスタイル

 取り上げたこのルックは、ワークウエア風オールインワン、日本で言うところのつなぎの上にテイラードジャケットを合わせたスタイル。  オールインワンはカーゴポケットやファスナー使いなど、ワークウエアのディテールが強調され、その上に羽織るのは肩幅が広く、ゆったりしたメンズライクなテイラードジャケット。足元は華奢なサンダルで、小さ目のバッグを合わせ、全体を砂色のグラデーションでまとめて、新しくかつシックなスタイルを作っています。
ワークウエア+テイラーリング

ステラマッカートニーが2019年春夏で提案したルックで着用されたオールインワン ※画像はブランド公式HPより

 仕事場以外のシーンで女性がテイラードジャケット姿をあまり見かけなくなって数年たちました。以前、はやったテイラードジャケットはもっとずっと小さく、丈も短いものでした。ですから今、こんなゆったりしたテイラードジャケットをカジュアルなアイテムに合わせてみると、とても新鮮な気分になると思います。

ビッグシルエットはメンズの中古か90年代の古着が狙い目

 では実際に取り入れる方法です。まずはこのステラのルックのような、ゆったりしたシルエットのテイラードジャケットを手に入れましょう。  たぶんですけれども、今の20代から30代前半までの人は今までビッグシルエットのテイラードジャケットもスーツも着たことがないと思います。なぜなら2000年以降、シルエットはずっとタイトで、こんなだぼっとしたシルエットの若い人向けのジャケットやスーツなど売っていなかったからです。
ワークウエア+テイラーリング

まずはゆったりしたシルエットのテイラードジャケットを手に入れよう ※画像は古着通販ショップ「JAM」より

  また現在も、市場にはそんなにたくさんウィメンズのビッグシルエットのジャケットもスーツもまだ出ていません。ですから狙うとしたらメンズの中古か90年代の古着です。  メンズの最近の中古はビッグシルエットではないので、女性が着てちょうどいい感じのビッグシルエットになるものも多いでしょう。  またウィメンズの古着なら、ちょうど90年代が似たようなシルエットなので探せばあると思います。古着や中古を扱うお店で探してみましょう。
次のページ 
おすすめのつなぎは?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ