Lifestyle

筋肉バカな彼氏にもう限界。デート中にも筋肉と“おしゃべり”…

 恋人や好きな男性から、「痩せたらもっと可愛いのに」なんて言われたら、「まあ、ちょっと頑張ってみようかな」……と思うのが女心。
体重計に乗る女性、ダイエット、美容

写真はイメージです(以下同じ)

 ただ、そんな女心を踏みにじって、「痩せなきゃ別れる」「スレンダーな女性が好みなんだけど」など、一方的に理想を押しつけてきたり、彼女の気持ちを無視してキツい言葉をぶつけてくるモラハラ男も相当多いようです。  また、「男性自身が自分の体を鍛える筋トレオタクだったり、筋金入りの健康オタク。彼女にもストイックさを強要する」という、なんとも迷惑な存在も……。  標準体型よりも気持ちぽっちゃり気味という、北関東在住の瀬戸きららさん(仮名・27歳・総務事務)の彼もまた、「筋肉は裏切らない!」「デブは甘え!」という口ぐせの超ストイックな健康オタクでした。

自分の肉体美にうっとり……ナルシストな彼のとんでもない日常

 社内でも「体育会系の爽やかイケメン」と評判だった彼氏。外見は俳優の鈴木亮平さんのようなたくましい見た目で、その底抜けに明るく情熱的な性格からか、密かに思いを寄せる女性社員も相当いたといいます。 筋肉「たくましくて男らしいところは好きだったんですが、言いかえれば“ただの筋肉バカ”。『男たるものこうあるべき!』という古臭い思いこみがとにかく強くて、たくましくて豪快さを必要以上にアピールしてくるんです。  デート中でも、自分だけ大量のプロテインを1.5リットルの水筒に入れて持ち歩いたり、食事もタンパク質重視でささみやタマゴの白身ばっかりバカみたいに食べる。オムレツのプレートがあったら、『なんとか白身多めにしてもらえませんか』とか、『ここでプロテイン飲んでも良いですか?』って、休日で混んでいるオープンテラスで、店員さんにムチャを言う姿にはいつもどん引きです……」

デート中でも“筋肉”とひたすら会話

 いつ何時でも我が道を突っ走るストイック彼氏。さらにデート中はもの凄く“ボディタッチ”が多いといいます。 「ボディタッチっていっても、私にじゃなくて、“自分自身”に。窓を鏡にしながら『今日はなんだかお前たち(筋肉の張り具合)大人しいな~』とひとり言を言いながら上腕二頭筋や肩の筋肉を触りまくったり、『よし! 肉、ついてない! はがね!』と言いながら、自分のお腹周りをなでまくったり気持ち悪いくらいベタベタ“自分”を触るんです」 ダイエット デート中でも興味があるのは己の肉体のみ。 「ショッピングモールの買い物中でも、『2時間後にここに集合な!』と言って、近所の公園で筋トレやぐるぐる回ってジョギングをする始末。  キノコの炊き込みご飯が美味しい古民家カフェに行ったとき、彼が、『糖質制限ダイエット中なんで米抜いて下さい!』と言い放った瞬間、さすがにイラッとして舌打ちが止まりませんでした」
次のページ 
超ストイックな彼とのデートは……
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ