Fashion

手のひらに乗る超ミニバッグがトレンド。ヴィトンのも可愛すぎて完売状態

 ここ数年、小さめのバッグが流行し、それに伴ってお財布も長財布ブームから三つ折りのミニ財布とカードケースに分けて持つ人が増えているといいます。  そんな中、2月25日から3月5日にかけて開催されたパリ・ファッション・ウィークに登場したマッチ箱サイズのマイクロミニ・バッグが話題となっています。

極端なサイズ感のアクセサリーを発信し続けるデザイナー

 目を凝らさないと見逃してしまいそうな小さなバッグを発表したのは、フランス人デザイナーのシモン・ポール・ジャクムスが手がけるブランド「ジャクムス Jacquemus」。
『バッスル Bustle』によると、 ジャクムスは極端なサイズ感のデザインをすることで有名。  これまで、2日程度の旅行なら4人家族全員の持ち物が全て収まってしまいそうなオーバーサイズバッグや、その重さで下手すると首をどうにかしてしまうのではないかと不安になるほどの巨大な麦わら帽子など、ビッグザイズのアクセサリーを発表してきました。
 その一方で極端に小さなバッグも次々にデザインしており、直前の春夏コレクションではリップスティックがかろうじて入る「Le petit Vanity」(240ドル≒2万6800円)が話題に。
 新作の「Mini Le Chiquito」(販売価格未定)は、過去にキム・カーダシアンやリアーナらセレブが愛用していたことで注目された 「Le Chiquito」(486~522ドル≒5万4000~5万8000円)のミニチュア版です。
 しかし、幅が12センチあった前作の「Le Chiquito」ならスマホくらい入るかもしれませんが、今回のミニチュア版では「アパートの鍵さえも入らないのでは?」と心配になるのは筆者がおしゃれ弱者だからでしょうか?

ヴィトンの最新ミニバッグはリップケース、英豪では完売御礼

 一方、日本でも販売が開始されたばかりのルイ・ヴィトンの最新極小バッグは、ネックレスタイプのリップケース(15万6600円)です。
リップスティック ケース¥156,600 ルイ・ヴィトンオンラインストアより

リップスティック ケース¥156,600 ルイ・ヴィトンオンラインストアより

 こちらは用途も明確ですし、「ジャックムス Jacquemus」の極小バッグよりは購入する人たちの気持ちが理解できるような気がします。アメリカの『ヴォーグ Vogue』も、このリップケースを「最新イットバッグ」と絶賛していますしね。  それでもやはり、ルイ・ヴィトンの存在をここ数年で知ったばかりで、ブランド名を略して「ルイ」とフランスの王様かのように呼び、大きくて目立つ物が好きな傾向にある大都市以外に住む大多数のアメリカ人たちに、マッチ箱大のバッグや高価だけど小さ過ぎて周囲の人に気付いてもらえないリップケースがウケるかどうかは疑問ですが…。 『デイリーメール Daily Mail』によると、オーストラリアやイギリスで同リップケースはすでに完売状態。ファッション界に吹き荒れる極小バッグ・ブーム、アメリカはともかくヨーロッパやオセアニアにはすでに到達しているようです。 Sources:「Bustle」「Vogue」「Daily Mail」 <文/アメリカ在住・橘エコ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。




あなたにおすすめ