Lifestyle

親に虐待された内田春菊が、子育てで守る3つのこと…絶対使わない言葉とは?

――3つ目の「子どもに謝る姿勢」は、とても素敵な心掛けだと思います。

漫画家内田「私が子どもだったころ、母は『漫画家になりたい』という私の夢を妨害したんです。でも、私が大人になって母を養っていたお金は、漫画家として稼いだもの。あまりに金くれ金くれと言うものだから、妨害したことだけは謝ってほしいと言ったのですが、母は絶対に謝りませんでした。それが、絶縁を決めた決定打だったんです。漫画家でもらったお金なのに、職業を貶(おと)されたままでしたから。ちなみに、3度目の夫も揉めても絶対に謝らず、『親子だから言えるんだよ』で逃げていましたね」

 これまで2回にわたり、虐待をテーマにお話くださった内田さん。豊かな人生経験をお聞きするうち、私たちが抱えやすい悩みのヒントもお持ちなのでは? という気がしてきました。そこで次回はテーマをガラリと変えて、女子SPA!読者の恋愛相談をお願いしてみようと思います!

<取材・文/千葉こころ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。
1
2




あなたにおすすめ