Entertainment
News

人気モデル、“放送禁止用語”を腕に書いて報道陣の前へ。一体何が?

 その豊満なボディから“セクシー過ぎる”と人気の女優兼モデルのエミリー・ラタコウスキーZARAのスーツで地味婚し話題となった一方で、女性の健康に取り組む医療NGOで活動したり、政府への抗議活動に参加したり、社会活動に積極的に関わっていることでも知られる。  そんなエミリーが、放送禁止用語が描かれた腕をあえて世間にさらした。一連の性犯罪で訴えられているハリウッドの元大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインへの痛烈な批判とみられている。
エミリー・ラタコウスキー

人気モデルのエミリー・ラタコウスキー。腕には「Fuck Harvey」の文字が…

 11日(水)、黒のノースリーブドレスをまとい、映画『アンカット・ジェムズ』のプレミア試写会に登場したエミリー。報道陣の前で腕をあげ、そこに描かれた「Fuck Harvey(くたばれ、ハーヴェイ)」の文字を露出させた。  これは、先ごろワインスタイン被告側と原告が和解金2500万ドル(約27億円)で暫定合意に至ったと報道されたことを受けて、抗議の意思を示したものと思われる。  さらにエミリーは、自身のSNSでも怒りをあらわにした。 「で、これがアメリカの正義ってこと?」 「今日ハーヴェイ・ワインスタインとその映画製作会社が被害者らと2500万ドルで和解した。セクハラからレイプまでいくつもの罪で訴えられていたワインスタインは自分の非を認める必要も、自身のお金を払う必要もない  現地の報道によると、今回の合意により、ワインスタイン被告は自身の罪を認める必要はなくなるとのこと。また、和解金は破産した自身の映画会社ワインスタイン・カンパニーの保険会社によって賄われるため、本人は全く支払う必要がないと伝えられている。  ワインスタイン被告のセクハラ行為発覚後、ハリウッドの著名人らによって設立されたタイムズ・アップ基金で責任者を務めるレベッカ・ゴールドマン氏はこう話す。 「今回の合意は、数字的な問題以上のものです。被害者を犠牲にし、権力を持った加害者が恩恵を受ける。問題が多く、破たんしたシステムの兆候なのです」 「一方で、この合意に不備はあるものの、被害者らによる大変な努力の結果でもあることを、我々は知っています。これにより、延び延びになっている被害者への公正な救済措置がもたらされる事を望みます」  この和解は現在裁判所側からの承認待ちとなっているが、もし認められた場合、ワインスタインに関する訴えの大半が区切りを迎えることとなる。  ワインスタイン被告は、別件のセクハラ事件とレイプの裁判のため、来月6日にも出廷する予定となっている。  性的暴行罪2件、性犯罪、その他レイプなど5件の罪状に問われているが、ワインスタイン被告はその全てにおいて無罪を主張している。

歩行器で出廷した姿に注目集まる

 11日、ニューヨークの裁判所に出廷したワインスタイン被告。歩行器を使って歩く姿にメディアの注目が集まり、一部からは、健康上の問題を指摘する声も聞かれた。  一方で、歩行器を使わずショッピングする姿も目撃されていたことから、「もしや世間の同情を集めるため?」と怪しむ声も。しかし、つい最近受けたインタビューのなかで、本人が事実を明らかにした。  ワインスタイン被告は、夏に交通事故に遭った際に負傷し、脊髄の手術を受けたという。歩行器を使用していたのは、背中の調子が良くなかったためで、病気を大げさにアピールしたつもりはなかったとしている。  また同じインタビューの中で、「自分はずっと前から、映画製作に女性を起用してきた。その点で、私は称賛されてもいいはず。そうした私の功績は忘れられている」と不満を示したワインスタイン被告。自身がプロデュースした映画でトップ女優となったグウィネス・パルトロウの名前をあげて、「彼女は誰よりも稼ぐ女優になったんだ」と誇らしげに語っていたという。  そのグウィネスも、ワインスタイン被告からのセクハラ被害を告発した1人だが、今回和解に至った訴訟には関与していないという。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ