Entertainment

2019年のブレイクタレント。8位りんごちゃん、5位ゆきぽよ、1位は…

 メディアの調査・分析を行うニホンモニターが「2019ブレイクタレント※」を発表しました。昨年度から大幅に番組出演本数が増えたタレントを集計し、ランキング形式で紹介しています。内容をさっそく見ていきましょう。

『筋肉体操』で話題の武田真治が第10位

=========== 10位 武田真治・・・増加番組数107 9位 ミキ・・・増加番組数111 ===========  10位にランキングしたのは武田真治です(46)。深夜に5分だけ放送される『みんなで筋肉体操』(NHK総合)でみせるキレキレの肉体が話題になり、あっという間にブレイクを果たしました。
『みんなで筋肉体操』ポプラ社

『みんなで筋肉体操』(2019年、ポプラ社)
(以下画像:amazonより)

 武田といえば、かつて「第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに選ばれ、イケメン俳優として人気を博していたため、今回のブレイクで再ブレイクとなります。  顎関節症を患い、体力作りのために筋トレを始めたのがきっかけという武田。インタビューで「まさか46歳で身体がウリになるとは」と、素直な気持ちを語っています。

7位はTT兄弟でおなじみチョコプラ

=========== 8位:りんごちゃん・・・増加番組数112 7位:チョコレートプラネット・・・増加番組数123 ===========  8位にランクインしたのは、モノマネタレントのりんごちゃん(31)。  2019年に、初めてその存在を知ったという人も少なくないのではないでしょうか。1月に『うちのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演し、人気に火がつきました。ちょいボチャでかわいらしい見た目とはうらはらに、野太い声で繰り出される大友康平や井上陽水のモノマネは激似。そのギャップとモノマネの実力で一躍スターダムにのし上がりました。  7位にはお笑い芸人のチョコレートプラネットがランクイン。長田庄平(39)による和泉元彌のモノマネと、松尾駿(37)によるIKKOのモノマネでブレイク。
『チョコレートプラネット 』DVD(よしもとミュージックエンタテインメント)

『チョコレートプラネット』DVD(2015年、よしもとミュージックエンタテインメント)

 松尾のモノマネはIKKO本人も公認し、自前の衣装を譲渡するほど。モノマネ以外でも「TT兄弟」などのリズムネタが受け、CM・テレビ番組・イベントにと引っ張りだこです。『キングオブコント』(TBS)では、準決勝進出の常連とコントも実力派。幅広いお笑いをお茶の間に提供してくれています。

5位はバチェラー出演で大ブレイク、ゆきぽよ

=========== 6位:Mr.シャチホコ・・・番組増加数128 5位:ゆきぽよ(木村有希)・・・増加番組数130 4位:風間俊介・・・増加番組数138 ===========  6位には和田アキ子(69)のモノマネでブレイクしたMr.シャチホコ(26)がランクイン。IKKO同様、こちらも和田本人が公認とのことで、ご本人から27センチのハイヒールを譲り受けているそうです。  5位はモデルのゆきぽよ(23)。2017年に『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ)に出演しブレイク。さらには、本家アメリカの『バチェラー・ウィンターゲームス』に参加し、世界中で話題になりました。
『ゆきぽよ流 愛される秘訣 死ぬとき「カワイイ人生」だったっていえる生き方じゃないと意味がない』(2019年、KADOKAWA)

『ゆきぽよ流 愛される秘訣 死ぬとき「カワイイ人生」だったっていえる生き方じゃないと意味がない』(2019年、KADOKAWA)

 雑誌『egg』の元読者モデルとしてギャル力をみせつけ、明るく裏表のない発言と、圧倒的なビジュアルでバラエティ番組で大活躍。バラエティの女王の仲間入りを果たしました。
次のページ 
2019年ブレイクした芸能人トップ3は?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ