Beauty

老廃物をごっそり出す「深部リンパマッサージ」。顔のむくみにも

こんな時は深部リンパマッサージしちゃだめ

 ではさっそく、全身のリンパの流れがよくなる「鎖骨のリンパ節」を紹介しましょう。その前に、本書から注意事項をチェック。 ・はじめの2週間  1日2回、軽めの圧で ・2週間経ったら  1日1回、圧を強めて ※こんな時は深部リンパ開放NG 熱がある・生理中・風邪を引いている・妊娠中・胃腸の調子が悪い・悪性腫瘍がある・循環器系に疾患がある ※体調がよくないときに深部リンパ節開放をすると、細菌類がリンパ節を通過し、全身に巡りやすくなってしまいます。

深部リンパマッサージ実践

☆鎖骨のリンパ節 1. 両手を軽く握り、首の前側を押す (両手 各3秒)  のどの中央を避けて、あごの下、首の中央、首の付け根の順で3カ所に圧をかける。 1. 両手を軽く握り、首の前側を押す2. 鎖骨の上側を押す (両手 5回)  親指と小指以外の3本の指を、鎖骨の上側の骨のキワに置き、垂直に軽く押す。 2. 鎖骨の上側を押す3. 鎖骨に老廃物を流す (左右交互 5回)  耳の下から、鎖骨に向けて4本の指でさする。 3. 鎖骨に老廃物を流す 私、お風呂上りと起床時の1日2回、やってみました。鎖骨まわりをグリグリするだけで変化あるのかな? と不信感をいだきましたが、普段使っていないような部位=鎖骨や首が意外に痛かったのです。これってやはり、老廃物が詰まっている証拠でしょうか。若干の痛みに耐えつつグリグリ、グッグッと圧をかけたり押したり流したりするうちに、嫌な痛みから心地よい痛みに変化したのです。  翌朝、気のせいか顔が少しスッキリしていたように思います。続けて起床時にやってみたら、目のひらき具合がいつもより違うのです。ちょっと目が大きくなったんじゃない? と鏡に語りかけたくなりました。恐るべし、老廃物。  とはいえ、全身をくまなくマッサージするのは、慣れるまでけっこう時間がかかりそう。最初は疲労がたまっていそうな部分のみ、やってみるのがいいかもしれません。

毎日、新しい自分でスタート

 本書には9つの「やせスイッチ」を網羅した深部リンパ開放マッサージが、写真付きで掲載されています。また、美肌効果やバストアップが望めるやり方や、普段の生活習慣も。  お掃除でも、その日の汚れはその日のうちに、と言いますよね。体にも同じことが言えそうで、老廃物をためずに流してしまえば、ダイエットも楽になるのではないでしょうか。 ―小説家・森美樹のブックレビュー― <文/森美樹> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
森美樹
1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ