Beauty
Love

歯列矯正中はデートも一苦労「口の中が生理痛みたいな感じ」

<みきーるの女子マインド学>  歯並びが気になって、うまく笑えない。デート中も恥ずかしくって、つい口元を隠してしまう……。 「そんな自分にサヨナラしたくて、歯列矯正を始めた!」という女子、けっこう多いと思います。歯列矯正ってわずらわしいし、なかなかにツライもの。でも、その“大変さ”って、なかなかわかってもらえないんですよね。  今回は、“歯列矯正中の女子が、彼に知っておいてほしいこと”をお送りします。
歯列矯正中の女子が、彼に知っておいてほしいこと

写真はイメージです(以下同)

歯列矯正って“痛い”んです

「口の中が、ずっと生理痛みたいな感じ」(マオさん) 「抜く寸前まで歯を引っぱられてるみたい。上下の唇を合わせるだけでも痛い」(ルミさん) 「口紅をなじませたり、コーヒーカップを口に当てるだけでも痛ーい!ってなる」(ユキさん)  方法や過程にもよりますが、原則として矯正期間中は“痛み”を伴います。そのため、ふだんと同じように食事したり、笑顔でいることが難しい場合も……。決して不機嫌なわけではないので、わかってあげてほしいです。

デート中の歯みがき、許してください

「デートで行った居酒屋のトイレ。歯みがきしたいのに、かろうじて指先が洗えるくらいの洗面所しかなくて困った」(マナミさん) 「彼に、歯みがきなんて家でしろよ!って言われて泣きたくなりました」(レミさん) デート中の歯みがき、許してください 矯正中、もし虫歯になってしまったら……。せっかく着けた装置を外し、しばらく治療を断念しなければならないケースもあります。なので、期間中は虫歯にならないよう、細心の注意を払うのです。食後の歯みがきはマスト。  デート中、食事やお茶のたびに歯を磨きに行ったり、洗面所から戻るまで待たせてしまっても、許してくれたら嬉しいです。

食べづらいものが、あるんです

「歯が痛いからって言ってるのに、ステーキハウスに連れて行かれたときは泣きたかったです」(マイコさん) 「彼には事情を話してあったのに、“なんでオレがお前の歯に合わせなきゃいけないの?”って言われたとき、気持ちが冷めました」(ユウカさん)  矯正装置を着けていると、口中の水分をもっていかれます。口の中に10個くらいビー玉が入った状態を想像してもらえるとわかるでしょうか。唾液がまわりきらない感じになるのです。だから、咳き込みやすくなるし、固いものとか、肉や野菜の繊維質が装置にからみついてやっかいな状態になったりもします。  食べやすいのは、豆腐料理やゼリーなど、口中で溶けやすいもの。私は、ポテトグラタンやスコーンなど、あまりかみ切る必要がなく、口の中でつぶして食べられるものをよく摂っていました。同じものを食べろとは言わないけれど、メニューに選択肢のある店を提案してくれたら助かります。
次のページ 
キスがイヤなわけじゃないんです
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ