夫とのエッチでイッたことがありません【性活相談】

【AV男優・森林原人の性活相談 第19回】

経験人数7,500人、発射回数10,000発以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなセックスを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。


夫とのエッチでイッたことがありません



夫とのエッチでイッたことがありません相談者:30代・チエ

 7年付き合った夫と結婚して10年になります。週に1回程度のセックスもずっとあり、マンネリを感じることもあまりなく楽しんでいます。ただ一点、セックスでイク経験をしたことがありません

 今までずっと、何回かに1回、イク演技をしてきたのですが、ここ数カ月、何となくそれが良くないような気持ちになり、演技するのをやめました。夫は、最近あまりイカない私に一生懸命あの手この手でしてくれるのですが、なかなかイけません。

 恥ずかしいのですが、12歳頃からずっとオナニーをしてきて、自分のペースでないと絶頂まで辿り着けません。セックスでも惜しいところまではいくのですが、最後の一歩がなかなか難しくて、夫がシャワーに行っている間にいつも自分で触ってイクのが習慣です

 イクことは出来なくても、夫とのセックスはとても幸せだし、気持ちいいのです。ただ、一度は夫の前でイッてみたいです。そして、今までセックスでイッたことがないことを夫に話すべきかどうか迷っています。ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

森林の回答



 惜しい、惜しい、非常に惜しいです。オナニーでイケるのなら、旦那の手でもイケるはずなんですが。相談内容からでは、挿入でイケないと悩んでいるのか、旦那さんの前戯でもイケないと言っているのかはっきりしないのですが、いずれにせよ惜しいです。

 この惜しさを解消する方法を考えるのではなく、御要望に従い、僕の個人的意見を述べます。

イク演技はやめて正解



 まずはじめにハッキリさせておきたいのは、イク演技をやめるのと、今までが嘘だったと告白するのは、全く別の話だということです。

 イク演技をやめるのは正解だと思います。演技をしているその瞬間、チエさんは頭を使っています。セックスは体を使う行為ですが、その時に心(感情)も連動“して”いるのか、頭(思考)を連動“させ”てるのかで、セックスの質が変わってきます。

 もちろん、心が連動している方が幸せなセックスですし、チエさんはそれが出来ています。イケなくても幸せを感じると言ってますよね。でも、演技していた時はその瞬間だけ幸せではなかったはずです。旦那さんのことを思って演技をしていたという建前もあるのかもしれませんが、それに違和感を感じたのならやめていいです。もしそれでも演技を続けていたら、チエさんがセックス嫌いになってしまいます

演技だったことは内緒に



 それから、今までが演技だったことを旦那さんに話すべきかどうかですが、今のチエさんの心理状態を察するに、僕は話すべきではないと思います

 なぜなら、演技してたことを告白しようとしているのは、チエさんが楽になりたいからです。そして、それを受け止める際に苦しむのは旦那さんです

 旦那さんは「ほんとのことを話してくれて良かったよ、今までごめんね」と言うかもしれません。でも、話すことによって2人のセックスの質が飛躍的に変わるとか、チエさんがセックスでイケるようになるといった可能性は高いとは言えません。そもそも、10年間も週一でセックスしているのですから。旦那さんはチエさんがイカなくてもそれなりに満足し、充実感を得ていると思います

※【次回】「オナニーをエッチに取り入れてみよう」

<TEXT/森林原人>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
只今、予約受付中!(9月末に発売予定)

森林原人さん
“セックス=義務”の夫を変える方法【性活…
夏の部屋着
旦那さんをムラムラさせる「おうちスタイル…
1日500回、夫の濡れ場で妄想エッチ…ウィル・スミス夫人、カニエ、キャメロンの赤面エロ談義
1日500回、夫の濡れ場で妄想エッチ…ウ…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
kumada
高橋愛や熊田曜子も絶賛!記者の“夏老け肌…
ビューティ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse