ハリウッドセレブもこれで“美活”!最強のスーパー・ドライフルーツ3つ

 秋。季節柄、いつもにも増して食欲が止まらないですよね。人として食欲が止まらないのは仕方がないとしても(秋ですからね)、でも食べ過ぎて太ったり、不美人になったりしたら嫌ですよね。

 そこで、活用したいのがが栄養価の高いドライフルーツ。きちんとしたものを選んで食べれば、むしろ美人になれること請け合い! ということで、今オススメの「美容に最強と思われる3種類」をご紹介したいと思います。

最旬のスーパーフード“インカベリー”



 まずは、ハリウッドセレブの中でも特に美容に敏感な人たちの間で話題沸騰の“インカベリー”(別名“ゴールデンベリー”)。インカ帝国の時代から南米で食べられてきた食用“ほおずき”のことですが、栄養価がとても高くて、味も良いのですよ。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=402748

インカベリー

インカベリー far east bazaar(ファー イースト バザール)HPより http://www.fareastbazaar.net/SHOP/fd_013h.html

 日本スーパーフード協会のHPで成分をチェックしてみると、「フラボノイドやβカロテンを多く含み、粘膜を強化して外敵から体を守ります」ということですが、こんなに真っ赤なので、見るからにアンチエイジング効果の高い成分が含まれていると想像できます。

 また、レタスの30倍もの食物繊維があるので、腸内環境を整えて便秘を解消してくれるほか、ビタミンBの一種で“抗脂肪肝ビタミン”ともいわれる“イノシトール”が含まれていて、体内の脂肪が肝臓に蓄積しないようにコントロールし、さらにコレステロール値を減らす働きをしてくれるというのです。

 そもそも今の季節って、普段より食べ過ぎてしまいがちなので、お酒を飲まない人でも肝臓が働き過ぎてるハズです。すると、飲まなくても肝臓は疲れていて、次第に脂肪肝に近づいてゆく…。しかしインカベリーがその辺を保護してくれるというのなら、頼もしい限りです。

 肝心のお味なのですが、一般的なドライフルーツのイメージとは違い、酸っぱいです。それも甘酸っぱいというよりは、酸っぱさが甘さに勝るレベル。ですが、レモンのように酸っぱいオンリーではなくて、後味にほどよい甘さが残るので、癖になる味と言えそうです。

 入手方法は、都内なら有機ドライフルーツとナッツと塩の専門店『far east bazaar(ファー イースト バザール)』で売っているほか、こちらの通販で取り寄せるのもいいかと思います。

●『far east bazaar』 http://www.fareastbazaar.net/

地産地消で和から“庄内ドライパーシモン”



 続いてオススメしたいのは、日本が世界に誇るスーパーアンチエイジングフードの“柿”。私、大好きなのですよ~。こちらもオレンジの色味からわかる通り、抗酸化物質がたくさん。しかも、日本のものですから、輸入果物にありがちな保存料や酸化防止剤が含まれてないのが嬉しいところです。

 具体的な成分としては、ペクチン、カロチノイド、ビタミンCを多く含んでいて、ビタミンCは1個で一日の必要量をほぼまかなえるほどの量があります。疲労回復に役立ちそうなほか、これからの季節は風邪の予防にも活躍しそうです。生で食べるのもいいですが、これまたナイスなドライモノが流通しているのですね。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=402747



 中でもオススメしたいのは、干し柿よりもフレッシュ感を残した半生の“あんぽ柿”と、あんぽ柿をスライスして食べやすくした『庄内ドライパーシモン』です。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=402749

 普通の干し柿は、私には少々甘ったるく感じられるのですが、あんぽ柿ならフレッシュさも残るので、気にならない甘さです。また、生の柿よりも硬さがあるので、ちびちび食べられて食べ過ぎが防げそう。

 スライス状態にしたドライパーシモンなら、更に硬さがあるのでスナック感覚でちびちびと食べられます。味は、甘さが減る分、少し穀物っぽいと言いますか、干し芋みたいな味わいです。ひなびた感じで、少しずついただけるのがダイエット中にはありがたい感じですよ。

有機金柑なら台湾産がオススメ



 最後は、有機金柑をご案内。小ぶりで甘酸っぱい“金柑”は、柑橘類の中でも皮ごと食べる習慣があるのが最大の推しポイントです。果物は、皮ごと食べると栄養が「まるっと取れてよい」とはいうものの、柑橘類では難しいですよね。その点、金柑は皮ごと食べられるうえ、皮にはビタミンCがたっぷり! これからの季節には特に風邪予防に力を発揮してくれそうです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=402769

有機金柑

有機金柑

“ドライ金柑”として売られているものには、砂糖漬けのものが多いのですが、できればそのままの状態を乾燥させたものを選びたいところ。台湾産には有機栽培で無加糖のものが割とあるようです。

「ジューシー!」と言うよりは、少し田舎っぽい味わいで、しかも後味は酸っぱさが勝るのですが、その酸っぱさがいかにも「ビタミンCの味」という感じでなかなか良いのです。甘さが少ない分、それほど食べ過ぎないで済むのもオススメの理由です。

 最後に、ドライフルーツを選ぶときのポイントについてです。

 まずは無添加で無加糖のものを選ぶこと。オイルコートもできればないほうがいいです。更に、可能ならフルーツ自体を有機栽培しているものを選べれば最高です。値段が高い場合には、少しずつ大切にいただけたりするので、そういう意味でもきちんとした品を選ぶのが「キレイへの道」だと思います。

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>

【にらさわあきこプロフィール】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。現在、ウェブ媒体『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて、『未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ』を連載中。
●『WEDGE(ウェッジ) Infinity』「未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ」一覧⇒http://wedge.ismedia.jp/category/mikon
●恋愛・婚活研究所ホームページ⇒http://nirasawa-akiko.wix.com/nirasawa

婚活に疲れたあなたへ 5週間で新しい恋に出会える47のレッスン

あきらめられない彼ともう一度やり直したい人も、新しい出会いを求めたい人も、「婚活ノート」を実践すれば、素敵な恋があなたのもとへ。

EICOさん
あなたをダイエット難民にする5つの「おデ…
酵素玄米
ホントに痩せた!プロ直伝「酵素玄米」の作…
ポテトチップス
コンビニ菓子のむちゃ食いをストップできる…
モデルたち
お腹はへこんで、おっぱいは大きく!モデル…
ビューティ
sponsored
「どうしたら彼を振り向かせることができる?」
「信じられない!彼が私にキス…」彼女のい…
ラブ
sponsored
メディパラソル
飲む日焼け止め・メディパラソルが口コミで…
ビューティ
sponsored

◆にらさわあきこ

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)、新しいつながり方を模索する男女のリアルな姿を描く「未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ」(ポプラ社)が4月1日に発売(予約開始中)。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから http://ameblo.jp/nirasawa-akiko

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse