夫の不倫で壊れちゃった妻…家庭はここまで地獄になる

 昨今、芸能界を賑わせている不倫問題。ベッキーは休業、宮崎謙介前衆院議員は辞職に追い込まれ、落語界の重鎮・桂文枝は涙目で会見するはめになったように、世間の不倫に対する制裁は厳しさを増しているように見える。どうやらその変化は、一般の家庭でも起きはじめているようだ。

不倫夫

不倫がバレて“亭主関白”から“奴隷”に



 山田純一さん(仮名・38歳)/年収610万円/子供なし

 結婚5年目の山田さんは、神妙な面持ちで悲惨な日常を告白する。

「社内の新入社員と不倫関係になってしまったんです。それが結婚2年目に、スマホを見られてバレた。平謝りして許してもらえるかと思ったのですが、そう甘くはありませんでした。妻の中に眠っていた“鬼”が、一気に姿を現したんです。翌日の昼過ぎ、僕の部署に“山田純一さんとAさん(浮気相手)は不倫中。不潔!”と書かれたFAXが30通近く送られてきた。社内は騒然としていましたね。当然ですが、犯人は妻です」

 送信先がコンビニだったこともあり、その場は妻の犯行を隠すと同時に“いたずら”で切り抜けることができた山田さん。しかし、ここからが地獄の始まりだった。

「帰宅して“何をしているんだ”と怒鳴ったら、“あなたが悪いんでしょ”と氷のような目で返されました。瞬間、この人に従わなければ、俺の人生が終わると直感しましたね。不倫を暴露されて今の地位を失うよりも、妻に従うほうがマシ。亭主関白だった僕が奴隷に成り下がった瞬間でした

次ページさらに想像を絶する奴隷生活が待ち受けていた

dreamstime_xs_41407442
“不倫妻”になりがちな女性の特徴…結婚2…
妻が親公認で不倫! 家族旅行に知らない男が同伴…
妻が親公認で不倫!家族旅行に知らない男が…
「家庭は夫と、セックスは彼と」ワリキリ恋愛を愉しむ妻
「家庭は夫と、セックスは彼と」ワリキリ恋…
実際にお手入れをしている女性たちは、ラブタイムにも変化が
勝負下着は見られていない!彼が気にするの…
♂&♀
sponsored
ダレノガレ明美
25kg減のダレノガレ明美がやってる“我…
ビューティ
sponsored
本能的に「抱きたい!」と思わせる香り
色気ではなく●●が重要!彼のスイッチをオ…
♂&♀,ラブ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse