ダメ男にカモられる女…8歳女子で早くも兆しが!【シングルマザー、家を買う/45章】

シングルマザー、家を買う/45章>

 バツイチ、2人の子持ち、仕事はフリーランス……。そんな崖っぷちのシングルマザーが、すべてのシングルマザー&予備軍の役に立つ話や、役に立たない話を綴ります。


しっかり者の姉に甘えるやんちゃな弟



 娘は現在、小学校2年生。春から3年生になる、“ザ・長女”のしっかり者だ。でも、普段の生活に関してはマイペースなB型が手伝い、気を使いすぎているわけではなく、本人はとても楽しそうに毎日を過ごしている。

趣味はイケメン・チェック

趣味はイケメン・チェック

 そんな娘を一番慕っているのが3つ下の息子だ。いつも娘のそばをくっついて離れず、寝るときでさえ娘の横にぴとっと体を付けている。しかも、娘は言葉を持たない弟のことを誰よりも心配しているようで、七夕の願い事や、神社などに行くと必ず「弟が話せるようになりますように」とお願いをしてくれる。この心遣いたるや、本当に私の娘なのかと疑うレベルである。

 しかし、そんな姉を持つ息子は、頼りがいのある姉に甘えきって育ったため、毎日やりたい放題である。とにかくやんちゃで、気がつけば水漏れを起こすようなシャワー遊びをし、トイレに行けば、飼い猫のプー太郎と一緒にトイレットペーパーでぐるぐる巻きに……。さらに朝の忙しすぎる時間にヨーグルトを素手で掴み、丁寧にテーブルに塗りつけていたことも。

 そんな、やんちゃという言葉ではおさまらないような冒険心……いや、イタズラは知恵がつくごとにエスカレートし、手が届くところが増えるたびに新たな被害が増えていく。

 それらにいちいち怒るのも疲れ果て、冷静にヨーグルトを拭き、トイレットペーパーを巻いている私を見てきた娘は、最近になって弟がしでかしたやんちゃをすぐに処理するようになってきた。

次ページ娘のありあまる母性に一抹の不安…

シングルマザー、家を買う

年収200万円、バツイチ、子供に発達障がい……でも、マイホームは買える!

シングルマザーが「かわいそう」って、誰が決めた? 逆境にいるすべての人に読んでもらいたい、笑って泣けて、元気になる自伝的エッセイ。

シングルマザー、家を買う/36章
ワンパク息子が静かな時は“事件”のサイン…
とらや
ご近所トラブルの謝罪に「とらや」は効くか…
シングルマザー_喜びの舞
おねしょに悩む娘が見つけた、まさかの解決…
後藤真希プロフィール
産後10キロやせた後藤真希も実践!“スト…
ビューティ
sponsored
ぺこ
8kg痩せた「ぺこ」もおすすめ!芸能人も…
ビューティ
sponsored
まつげが自然に伸びた
すっぴんでもデカ目に!お泊りの日も怖くな…
ビューティ
sponsored

◆吉田可奈

80年生まれ。CDショップのバイヤーを経て、音楽ライターを目指し出版社に入社。その後独立しフリーライターへ。現在は西野カナなどのオフィシャルライターを務め、音楽雑誌やファッション雑誌、育児雑誌や健康雑誌などの執筆を手がける。23歳で結婚し娘と息子を授かるも、29歳で離婚。座右の銘はネットで見かけた名言“死ぬこと以外、かすり傷”。Twitter(@singlemother_ky

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse