Lifestyle

私を「ブス」と罵り続けた母に、今さら謝罪され…親子関係に悩む全ての人へ

親と子は、偶然の巡り合わせ

girl「あなたの話をしてください」  これほどまでに難しいテーマはない。だけどひとつ言えるのは、私は母親が原因で曲がりくねった軌道になった人生を、どうにかこうにか修正してここにたどり着いた、ただの女である。  だけどその曲がりくねった軌跡のことを文章にしたら、なんだか「面白い」って褒めてもらえたもんだから、それを書いて、生きている。  それは時に辛い仕事ではあるけれど、自分の通って来たすべての道に意味を持たせるような作業だから、私は今の仕事を、気に入っている。  ああ、そうだ。「親」についてのコラムはわりかし多く書いていて、答えを求められることも多いから、今回のコラムとは関係ないけれど、少しだけそこについて、私なりの答えを書いておきたいと思う。 「親と子」なんてものは、ただの偶然の巡り合わせである。そこに、特別な意味などない。  大切にするもしないも、その関係性の中で決めれば良いのであって、「血が繋がっているから」という理由だけで、一生涯その人に縛り付けられる必要なんて、ない。

許すとか、愛するとか、どうだっていい

 私は18で家を出て、もう10年ほどがたった。あの時に家を出てから、右手で数えるほどしか、家族には会っていない。  だけど私は、幸せなのだ。そして離れることで、一人で人生を切り開くことで、いつのまにか、母への恨みも消え、今は一人の人間として、ただ静かに、同じ時代を生きている。  それで良い、それで良いと思う。  許すとか、愛するとか、そんなことはどうだっていい。自分のことだけを考えて、ただ、生きるのだ。  人生なんて、死ぬまでの暇つぶしだ。なんて言葉は使い古されているけれど、だけどやっぱり、その通りだなって、そう思う。  自分のことは自分で決めて、ゆっくりと、ゆったりと生きる人が増えて欲しい。私が伝えたいのはいつも、そんな、当たり前のことだ。 <文/yuzuka>
yuzuka
コラムニスト。精神科・美容外科の元看護師でもある。著書に『大丈夫、君は可愛いから。君は絶対、幸せになれるから』(KADOKAWA)など。Twitter:@yuzuka_tecpizza
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ