Lifestyle

「30代が怖い…」相談者の女性に伝えたい“加齢を受け入れる方法”

私たちは選んだ道の延長線上に生きている

 怖い。老いていくのが。そして思う。私はこのまま何もせずに死んでいくのか?だらりと続く連続再生の中に身を置いて、テープがまわらなくなるのを、ただただ、待っているつもりなの?  そんな時に思い出すのは「選ばなかった道」だ。年齢を重ねるごとに自ずと、選ばなかった道が増えてくる。それはときどき、明確に正解だった場合もあるけれど、ほとんどが微妙なラインで、どっちが正解だったのかなんて、はっきりしない。  だけど事実、私たちは自分が選んだ道の延長線上に生きていて、それはもう、変えられることができない。  だけど老いを感じるごとに、自尊心が削がれていく感覚に陥るたびに、選ばなかった道に恋い焦がれてしまう。  私の人生は、こっちで良かったのだろうか? いや、こっちで良いはずだ。だって目の前には大切な日常があって、私自身の選択を後悔してしまったら、目の前の存在まで否定することになってしまう。  焦る必要なんてないのだ。ただのないものねだりだ。だって目の前には幸せがあって、なんの苦労もなく生きていられるのだから。そうやって誰にも言わず、誰にも言えず、そして、考えることを辞めた。だけどいつも、ふとした瞬間に、あの記憶の波がやってくるのだ。

幸せだからこそ「あの日」に心を持っていかれる

 そんな時に、「真夏の通り雨」を聴いた。この曲は、まさに私たちの世代へ向けた曲ではないのだろうか。私たちは毎日、平凡で変わらない愛おしい生活を送りながら、だけどどこかで「あの日」への未練を断ち切れずに生きている。  ふとした瞬間、幸せな瞬間にこそ押し寄せる「あの日」の記憶がいつまでも、何年たっても胸を締め付けて、選ばなかった道の向こう側にある自分を思い起こしては、静かに嫉妬する。  確かに幸せで、かけがえのない、今さら捨てられない今がある。だからこそ切なくて、苦しくて、戻りたいわけでもなくて。だけどただ美しくて脆い情熱的なその記憶に、心を持っていかれるのだ。  羨ましい。あのとき情緒に身を任せていたら、私の心はまだ、燃えたぎっていたのだろうか。

未練は、愛して受け止める以外にない

 選ばなかった道への未練を断ち切るのは、きっと不可能なのかもしれないと思う。私たちは年老いて、死に向かえばむかうほど、そういう未練を胸のなかに溜め込んで、切なさと戦いながら生きていくのかもしれない。  じゃあ、どうすれば良いのだろうと考える。解決策がない悩みにしては、少し存在感が大きすぎる気がする。だから私は「どうしよう」と考えることを辞めることにした。だって、どうしようもないのだから。  選択は、変えられない。死に向かって老いていくことからは、離脱できない。だから、受け止める。自分の選択、そのどれもが奇跡の産物で、そのどれもが正解で、そしてそのどれもが美しいものだったのだと、改めて自分の中で認めてあげるのだ。  変えられないことは、愛して受け止める以外にない。私たちは蓄積された選択の中で生きていくことを理解して、記憶の一瞬一瞬を、抱きしめることが、この漠然とした不安からの脱出方法なのかもしれない、と思う。  そしてこれから先、少しでも引きずるものを減らすため、ひとつひとつの分かれ道で、もっと情熱に任せて選択することも、大切なのかもしれない、なんて、そんなことも思った。  大丈夫。人生は、まだ続いていく。質問者の方や、私と同じように悩んでいる人がいたら、「真夏の通り雨」素敵なMVだから、ぜひ見てほしい。 <文/yuzuka> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
yuzuka
エッセイスト。精神科・美容外科の元看護師でもある。著書に『君なら、越えられる。涙が止まらない、こんなどうしようもない夜も』『大丈夫、君は可愛いから。君は絶対、幸せになれるから』など。動画チャンネル「恋ドク」のプロデュース&脚本を手がけた。Twitter:@yuzuka_tecpizza
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ