Gourmet

“くり返し使える”食品保存バッグが優秀。使ってわかった良い点・悪い点

湯せんで豚の生姜焼きも作れる!

 次は、スタッシャーのウェブサイトに載っている数あるレシピの中から、豚の生姜焼きを作ってみました。  スタッシャーに豚肉と調味料(しょうゆ、みりん、酒、砂糖、しょうが)を全て入れ、調味料がお肉に絡まるようによく揉んでおきます。スタッシャーを揉んで味をなじませることができるのはすごく便利!
豚の生姜焼き①

スタッシャーを揉んで肉に味をしみこませる

 10分くらい置いて、お肉に味がしみ込んできたところで、湯せんにかけます。まずは15分ほど鍋に入れておいたのですが、肉に完全に火が通っていなかったので、もう少し鍋に入れておきます。なんだか火の通り具合にムラがあるような感じだったので、結局30分ほど湯せんにかけました
豚の生姜焼き②

火の通り具合にややムラが…

 生姜焼きはいつもフライパンで焼いてるので、ちょっと不安を感じつつ食べてみると……これはビックリ。抜群においしい。  肉がやわらかく、味がしっかりしみ込んでいます。スタッシャーを揉んで下味をつけたのがよかったのか、湯せん調理がよかったのか、その両方がよかったのかはわかりませんが、とにかくおいしい。
豚の生姜焼き③

いつもより格段にジューシーに仕上がった豚肉の生姜焼き

 これまで自分が作ったしょうが焼きのなかでも、かなり上手にできたほうだと思いました。  肉全体になかなか火が通らないのは気になりましたが、「こんなにおいしくできるなら、次もこの方法で作ろうかな」と思うほどの出来でした。
次のページ 
スープの冷凍保存にも使える
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ