Lifestyle

1年無料・楽天モバイルって実際どう?「お得」「ヒサン」分かれる意見

 2020年がもうすぐ終わります。今年一番幸せだったのは、おそらく、『鬼滅の刃』に夢中になれた人でしょう。他にはあまり楽しい話題がありませんでしたから。テレビもネットも新型コロナのニュースばかりで、いつになく暗い1年となってしまいました。  それでも、2020年にデビューを飾ったものはたくさんありました。春にはJR山手線に「高輪ゲートウェイ駅」が開業、そして「NiziU」が結成されたのも、今年の6月でした。  さて、4月8日に“第4のキャリア”として鳴り物入りでスタートした「楽天モバイル」も、そんな「2020年デビュー組」の一員です。
楽天モバイル

「楽天モバイル」では、通常2,980円/月のプランが「1年無料」になるキャンペーンを実施中(画像:楽天モバイル公式サイトより)

 楽天モバイルといえば、テレビコマーシャルをしこたま打って、しかも契約から1年間は無料だというのだから、景気が良いですよね。契約しようかと悩んでいる人も多いかと思います。  そんな楽天モバイルについて、「女子SPA!」「日刊SPA!」編集部内を中心に、実際に使っている人たちの声を集めてみました。みなさんのキャリア選びの参考になると幸いです。

楽天モバイルのポイント1「無料はウレシイ」

 楽天モバイルの魅力について訊いたところ、圧倒的に多かったのは“無料”という点でした。以下にコメントを紹介します。 「Rakuten miniの1円キャンペーンで申し込みました。スマホとしてではなく、家のWi-Fiとして使用しています。とにかく無料というのが嬉しいですね」(20代女性、Rakuten Miniで利用) 「無料というところが◎です。併用しているau回線の料金が、月3000円ほど減りました」(40代女性、iPhone 11で利用)
スマホ 女性 笑顔

写真はイメージです(以下同じ)

「1年間無料なので、使いやすさをじっくり試せるのが良いです。端末も、キャンペーンでポイントバックがあり実質ほぼ無料だったので、メルカリで即・売りました。無料どころかプラスです」(30代女性、iPhone 11 Proで利用)  このように、回答者全員が声を揃えて「無料で嬉しい」と言っていました。「儲かった」という人までいます。みなさん鋭敏な金銭感覚を持っていて、素晴らしいですね。虚飾や貴族趣味がありません。大衆とともに生きる出版人の姿を体現しています。  もちろん、料金が安いに越したことはないのです。来年3月にはドコモの新料金プラン「ahamo」や、ソフトバンクの新料金プラン「Softbank on LINE」もスタートし、携帯各社の値下げ競争はますます激化するでしょう。「楽天モバイル」の次なる一手にも注目したいところです。

楽天モバイルのポイント2「つながれば無制限」

「楽天回線」の対応エリアでは、容量無制限の高速通信が可能です。いっぽう対応エリア外では、通信すること自体は可能ですが、高速・無制限にはなりません。  これに関しては、賛否の意見が拮抗(きっこう)しました。つながるエリアの人は「満足」、つながらないエリアの人は「不満」と口にします。 車 移動 スマホ 電波に満足している人たちの声は、こうです。 「クルマ移動が多いのですが、地下駐車場でつながらないことがある以外、ほとんど問題なし。満足しています。自宅のパソコンもテザリングして使っているので、ネット回線はこれだけで十分です」(40代男性、Android One X4で利用) 「回線速度は、特に速いというわけではないのですが、仕事で使えるレベルなのでOKです」(20代女性、Rakuten Miniで利用)  2020年12月時点で、東京23区はほぼ全域が「楽天回線」の対応エリアになっています。電波が入ることを前提とすれば、通信の品質は悪くないようです。
次のページ 
東京23区“以外”の人からは、不満の声も
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ