Fashion

帽子は便利なのに、かぶる人が増えない理由

帽子は自分で作るにはもってこいのアイテム

P1020725 実は私はミシンの扱いが得意ではありません。けれども、帽子程度なら大丈夫。縫う距離も短いですし、ちょっとぐらいずれても平気。自分がかぶるだけなので、気になるほどではありません。  なんならミシンでなくても、帽子ぐらいなら手縫いでも作れます。産業革命以前はすべてのファッションアイテムは手縫いで作っていたのですから、できないことはありません。  また、帽子は1つのパーツが小さいし、全体の面積も大したことはないので、余った生地で十分作れます。自分で作るにはもってこいのアイテムです。 P1020729 少なくなったとはいえ、街のショッピングモールや大型スーパーへ行くと、まだ手芸店はあって、生地は売っています。もちろん毛糸で編んで作ってもよし。パターンと作り方は帽子作りの本を見るか、ネットで検索してもいろいろ出てきます。

トレンドファッションにも帽子が

 手作りなんかしないという方は、もちろん買うのもいいでしょう。
 バケットハットは引き続き流行。そして今年の春夏はセリーヌがベースボールキャップを推してきたので、持っていないのなら野球帽が新鮮。どちらも畳める帽子なので、自分の思うようなものが見つかれば、手放せなくなること請け合い。
アイテム10「帽子」

引き続き流行中のバケットハット
(※画像:WEARより)

 美容院にしょっちゅう行けない時期も、帽子があれば助かりますので、今のような時期には、帽子は特にお勧めのアイテムだと思います。 <文/小林直子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
小林直子
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ