Entertainment

人気歌手、出産3週間で仕事復帰。「もう働くんだ」に怒りの反論

 2019年にアートディーラーの男性と結婚し、今年4月に第1子を出産したエリー・ゴールディング(34)。これまで多数のヒット曲を生み出している売れっ子シンガーだけあって、出産から3週間後には仕事に復帰した。しかし、早急な活動再開には疑問を投げかける声も多かったそうで、エリーはこうした世間の反応に「働く母親への性差別」と怒りを露わにしている。

エリート夫との間に第一子が誕生

 かつて、イギリスのヘンリー王子や人気歌手のエド・シーランとも噂になった恋多きエリーが、現在の夫キャスパー・ジョプリングと結婚したのは2019年。夫のキャスパーは、英名門のイートン校を卒業後、米ハーバード大学に進学。その後は、大手オークションハウス「サザビーズ」などに勤務し、アートディーラとして活動しているという。  そんな超エリート夫との第一子が誕生したのは今年4月。エリーがSNSで出産を公表することはなかったが、キャスパーが自身のSNSで子供の誕生を報告した。さらに英新聞『The Times』の個人広告欄で、今年4月29日に息子が生まれたことを告知。新聞の個人広告を使って、新たな家族が誕生したことを知らせるというユニークな方法が話題になった。

「本当に仕事に戻りたいの? 」なんて夫に言った人はいなかった

 出産から3週間後には、仕事復帰していたというエリー。しかし、出産後の早い時期にアーティスト活動を再開させたことに対し、世間はあまり好意的ではなかったようだ。  先週、ポッドキャスト番組に出演したエリーは、当時をこう振り返った。 「とにかく、よくこう言われたわ。『うそ、信じられない。もう働いてるんだ』ってね」 「キャスパーは、人から『本当に仕事に戻りたいの? 』なんて聞かれたことは一度もなかった。なのに、私は何度も聞かれた
次のページ 
働きながら子供を持つのはエライ?!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ