Lifestyle

扇風機型のイヤリングは“見た目だけ”じゃない!こだわり強すぎる作品は他にも。製作者を取材

 まだまだ異常な酷暑が続いています。街に出ると、手持ち扇風機をかざしながら歩く人をたまに見かけますよね? いや、共感します。なんだったら、扇風機を自分の体に設置したいくらいキツい暑さなので。  そんな日々の中、すごいものを見つけてしまいました。イヤーアクセサリーを制作する「マルま工房」(@MarumaKoubo)が2023年4月から発売しているのは、その名も『レトロ耳扇風機「耳扇」』です。
レトロ耳扇風機「耳扇」

レトロ耳扇風機「耳扇」

 耳に、そのまま扇風機を設置してる人みたいなルックス。なんでこんなものを作ろうと思ったのか、マルま工房の牧野裕さんに話を聞いてみました。

身につける遊び心

――いったい、どうしてこんなイヤリングを? 牧野裕さん(以下、牧野):マルま工房は「身につける遊び心」というコンセプトを掲げ、身につけて面白そうだったり、意外性のあるものを発表しています。私も、普段から「面白いものは何かないかなあ」と考えながら生活しているんですが、特に今年の夏って暑いじゃないですか?  涼しそうなものがあるといいなあと思い「夏の涼しいアイテムといったら、うちわか扇風機かエアコンか?」というところから「扇風機を耳につけると可愛い」と、「耳扇」の商品化が決まりました。 ――要するに、暑い日に身につけたり、視界に「耳扇」が入ると涼を感じる……ということが狙いでしょうか? 牧野:まあ、正直言うと、そんなに深く考えて作ってなくて(笑)。耳につけてる本人も楽しいし、見た人が「なに、それ!?」ってツッコみたくなるようなものという要素を重視しました。  あと、耳に扇風機をつけるのであれば、見た目的に壁掛け式のほうが面白いですよね。壁掛けと言えば、パッと思いつくのは銭湯の脱衣所にあるやつなので、その型のデザインにしました。

どんな人が買っている?

――あ、本当ですね(笑)。このイヤリング、見ていてすごく楽しいのですが、ファッション的に合わせるのは難しくないですか? 牧野:ファッションで合わせるというより、「面白いから買ってみよう」という方が多い印象です。あと、もしかしたら浴衣に合わせる方が多いかもしれません。「耳扇」は羽根のカラーバリエーションがいくつかあるので、自分の浴衣の色とコーディネートするなんてこともできます。 ――購入した人からは、どんな反響がありましたか? 牧野:『予想以上に作りが細かい』という声が寄せられています。実際に羽根が回る構造になっていますし、首が可動式になっていてお好みの方向へ動くので、単純に「すごい」「見てて面白い」と言ってくださる方は多いです。あと「耳元が涼しげになって嬉しい」という声もいただいています。
次のページ 
羽根は回転し、首振り機能まで!
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ