矢口真里の「離婚と今後」を占ってみた【後編】

 こんにちは。占術研究家のエル・アシュールです。

 今回は、不倫騒動でお騒がせ中の元・モーニング娘。の矢口真里さんの出生図を読んでみました。

⇒【前編】矢口真里(1983年1月20日生まれ、水瓶座)の出生図 はこちら

中村昌也は”我慢する”側の星回り



 では、なぜ、結婚してしまったのか? しかも、格差婚を選んだのでしょうか?

 矢口さんは、おおらかであっさりとした性格ですが、意外と頑固で、上からものを言われたり、押さえつけられるのが嫌い。独立的で、愛情面でも生活面でも誰かに依存するよりも、自分がイニシアチブを握れる相手のほうが良いと考えたのかもしれません。また、中村さんの妻を表す月が矢口さんの太陽と近い位置にあり、これは結婚するカップルには多くみられる配置。ですので、中村さんとは結婚という流れに進みやすかったのでしょう。

縁の強さに関係する土星もお互いの太陽、月と絡むので、あっさりとは別れにくい組み合わせです。

 土星は忍耐の星でもあり、中村さんの太陽に矢口さんの土星が180度なので、お二人の関係において、格差があろうとなかろうと我慢するのは中村さんです
 
 お二人とも、愛情には新鮮さを求める傾向があり、中村さんはもともと愛情面に対して懐疑的で、結果、相手を束縛しやすい人ですから、今回のことを水に流して関係修復というのは考えにくいです。ただ、実質的で損得を重んじる地の星座同士のカップルなので、感情的な判断ではなく、お互いにとってメリット、デメリットをしっかりと考慮した上でタイミングも読みつつ、結論を出すのではないでしょうか。

矢口真里,中村昌也

中村昌也(1986年4月30日生まれ、牡牛座)の出生図

水商売への進出も?



 今回の騒動で、タレント生命の危機とも言われている矢口さんですが、運気をみると、ちょうど進行の太陽が、水瓶座から魚座に入った切り替わりの時期。30年に一度の転換点です。この太陽が出生図の火星と重なるので今後3年間はもがきそうです。

 魚座は芸能、芸術と縁の深い星座ですので、いろいろあっても芸能活動とは無縁にならないように思いますが、太陽の通過する魚座の初期はカオス(混沌)を象徴する「何でもありの度数」。今回の件をきっかけに、今までは受けなかったようなお仕事をしたり、毛色の違う分野に挑戦されたり、副業的なことにも乗り出すかもしれません。飲食業、とくに水商売などには向いています。

魚座を運行中の海王星の影響もあり、混迷はさらに増しそうですが、ここで新たなことに挑戦したり、いろいろな可能性を試したりすると芸の幅も広がるでしょう。 <TEXT/エル・アシュール>

【エル・アシュール】
占術研究家、神秘学研究家。日本占星学会主任講師。ACC認定エンジェリックチャネラー(R)。
1998年より占術家としての活動を開始。雑誌やWeb等各種メディアで占い記事の執筆、ケータイ3キャリア公式占いサイト『宿縁の絆』『天使の預言』の監修を行う一方、 占星術やエンジェルオラクルカードの講座、ライフパーパスリーディング、エンジェル・リーディングなどの個人鑑定も行う。著書に『エンジェルカード・レッスン』(鉄人社)『ギリシア神話守護神占い』(青春出版社)、監修本に『奥様は魔女超シアワセ恋愛魔法BOOK』『スターウォーズ24キャラ占い』(講談社)がある。
公式HP Angelic Guidance~天使の導き~ http://synastryhouse.com

エル・アシュール
占術研究家、神秘学研究家。日本占星学会主任講師。ACC認定エンジェリックチャネラー(R)。1998年より占術家としての活動を開始。雑誌やWeb等各種メディアで占い記事の執筆、ケータイ3キャリア公式占いサイト『宿縁の絆』『天使の預言』の監修を行う一方、 占星術やエンジェルオラクルカードの講座、ライフパーパスリーディング、エンジェル・リーディングなどの個人鑑定も行う。著書に『エンジェルカード・レッスン』(鉄人社)『ギリシア神話守護神占い』(青春出版社)、監修本に『奥様は魔女超シアワセ恋愛魔法BOOK』『スターウォーズ24キャラ占い』(講談社)がある。公式HP Angelic Guidance~天使の導き~ http://synastryhouse.com




あなたにおすすめ