Entertainment

ベッキーの歌詞が不倫騒動を予言しすぎていて吹いた

 3カ月の休業を経てついにメディア(4月13日放送TBS『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』)にベッキーが登場。番組を見ながら、彼女が自分で印象的な歌詞を書いていたことを思い出した。その歌詞をたどっていくと、今回の事件を予言するかのようなフレーズが飛び出してきたので、その一部を紹介していこう。

心の星

「心の星 <初回限定デラックス盤>」より

手に入らないものを求めたがる



「望んだもの全てが手に入らない人生って 
なぜこんなに美味しいんだろう」

(「新しい私」より)

 相手が既婚者で「間違った恋だという認識」があったにもかかわらず、気持ちが止められなかったベッキー。いや、むしろ恋する気持ちは燃えてしまい、1月の謝罪会見後も彼とはやり直すことができると信じていたそう。

 でもこの歌詞を読むと、もしお相手が離婚して彼女を選んだとしても、長くは続かない関係なんだろうと推測。望んだものが全て手に入るとそこで晩餐は終了だものね。

ワケあり恋愛に溺れるM体質



「君に傷つけられると 
君にもぶつけたくなるよ
<中略>
もう一度会いたい もう二度と会えない?」

(「好きだから」より)

 既婚者でありながら不倫相手を、1年でいちばんめでたい正月に実家へご招待というある種、恋の暴挙に出てしまった男性。そして「断ってしまうと相手の気持ちが離れてしまう」という恐怖にかられてしまったベッキー。なんだか安い恋愛ドラマのようなシチュエーションだ。

 歌詞をたどってみると、相手に無理難題を押し付けられることを、やや快感に感じているM体質の兆候が見られる。こういうフレーズを思いつくということは、そもそもワケありの恋愛が好きなんだろうな……と。「ほんとうに……好きなのに……なのに……」(歌詞より)ね。

次のページ 
許されたい、“弱虫な私”

1
2
心の星 <初回限定デラックス盤> Limited Edition

ファースト・シングル、セカンド・シングル他を収録した、ベッキー♪#のファースト・アルバム。

3shine!~Singles&More~

2013年12月に音楽活動5周年の幕開けを迎える、ベッキー♪#初のベスト・アルバム。




あなたにおすすめ