♂&♀

感度を高める「ツボ押し」4ケ所。自分でやったら即効でムラッ!

腎愈(じんゆ)

腎愈 腎愈(じんゆ)は、おへその真裏から親指一本ほど離れた左右にあります。免疫力を高め、性のエネルギーを発する場所でもあるので性的パワーを強める効果があるそう。 玄斎:この部分にはオーガズムに達するときに働く交感神経が集まっているんだよ。効能はそのものずばりだけど『イキやすくなること』。子宮の血液循環がよくなるから、中が感じやすくなるんだ  このツボは腰痛にも効果があるらしく、毎日座りっぱなしで痛んだ腰がちょっとラクになりましたよ。血流がよくなったのですね。

八りょう穴(はちりょうけつ)

八りょう穴 八りょう穴(はちりょうけつ)は、一つのツボの名前ではありません。仙骨という平べったい骨のあたりにある8ケ所のツボの総称です。骨盤の血液循環をうながして、クリトリスを敏感にさせる作用があるとのこと。 玄斎:ここは、性感とは切っても切れない関係にある副交感神経が密集してる場所なんだ。男性の勃起不全に有効ということは、クリトリスも勃起させることができるってこと。骨盤で循環した血液が集中的に流れ込むので、そこでのオーガズムも感じやすくなるよ  八りょう穴は範囲が広いので、指ではなく握りこぶしでマッサージします。私はこのあと肩が痛くなったので、次回からは仰向けになってテニスボールの上に寝るという方法をすすめられました……。

衝門(しょうもん)

衝門 衝門(しょうもん)は、乳首の先端からまっすぐ下におりたそけい部・足の付け根にあります。性欲の減退に抜群に効果を発揮するそうですよ。 玄斎:このツボは即効性が高いんだ。下半身のリンパを流すツボで、あっという間に性欲が回復していく。する気がない時でも、ここを押せば一発だね!  そこまで言われると、怖くて思いっきりその場で押すことはできませんでしたが……自宅でやってみて驚愕ですよ! 久しぶりに「ムラムラ」という感覚を味わうことができました。  性感ツボ押しは一回で満足せず継続的に行ってこそ真の効果を発揮するとのこと。お風呂上りなど、思いきりリラックスした状態で試し続けることで、どんどんと自分の体が変わっていくことを実感できるといいます。 玄斎:ツボ押しは、するとしないとじゃ大違い。長時間行う必要はないよ。短時間の努力で女度をグっと上げるチャンスなんだから、それを逃さないようにね!  三日坊主の達人であるもちづき千代子、精進します。ツボ押しを続けて感度のいい女になって……。でも、その相手が見つかるかどうかはまた別の話でしょうね。合掌。 <TEXT/もちづき千代子>
もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ