Love

国際婚活セミナーに行ってみた そのシビアな現実とは…

~やさぐれ女の婚活レポート~ その1 国際婚活セミナーに行ってみた!

 タレントのローラが「海外に行って結婚したい」「日本人はあまり響かない」と発言し一部で話題になった。

 確かに国内で合う人がいないなら、海外から……!という発想で婚活に成功している例はたくさんある。そろそろ婚活しないと卵子年齢がヤバい記者も、日本で結婚できない可能性を考えて、「外国人男性×日本人女性専門の結婚紹介所」が主催する婚活セミナーに参加してみた。

 相談所には、主に欧米の某国在住で、日本人女性との結婚を望む男性が登録。年齢層は30代後半~70代ぐらいまでで、身元がしっかりしている男性ばかりである。彼らが日本人女性を望む理由は「貞淑さ」、「アジア人女性の容姿が好き」、「日本文化が好き」などが主たるものである。

 一方、日本人女性が外国人男性との結婚に求めるのは「異文化」、「容姿」、「外国に住んでみたいから」などが理由のようだ。

当然、結婚式は古い教会で!聖書読めなくてもOK!

定期的に登録男性が来日し、登録女性とお見合い。互いに気に行ったら、帰国後スカイプやメールなどで交際を深め、成立したら、主に女性が移住する形で結婚に至るという。コミュニケーションの取り方や文化の相違で生じる問題については、相談所がサポートしてくれる。

 セミナーのゲストスピーカーは日本在住のウクライナ人女性、ナタリア(仮名・28歳)。身長170センチ前後、金髪に透けるような白肌に青い目を持つスーパーモデル級美女である。日本人男性と結婚し、子供が一人。

 参加者は10人前後でおよそ30代後半~40代前半の日本人女性たちだった。セミナーは座談会方式で、各々の国際婚活の悩みやエピソードを共有しあうというもの。記者は六本木で飲んだくれてはいたものの、国際婚活というものをしたことがないため、もっぱら聞き役に徹した。

米国軍人オンリーのツワモノ女性も



 中でも目立っていたのは次の3人である。

 体にピッタリと密着したワンピースを着たA子さん(39歳)。

 国際婚活は主に外国人男性とのマッチングサイトで行っているという。メールのやり取りは英語。A子さんは仕事を辞めて大学院に通っており、外国人夫と結婚して外国に住むのが将来の目標だという。

 そこまでして外国に住みたい理由は「教育水準が高いから」。やっぱり教育は重要!特に英語が出来るのは基本!と何度も強調する。

 ベージュ色の上下を着たB子さん(38歳)は目鼻立ちがハッキリしている美人。昔から外国人男性じゃないと、恋愛対象にならないという。そのため婚活も当然、外国人男性。

 直径10センチほどもある金の輪っかを両耳に差し、長い黒髪を5秒に一回ファサっとなびかせるC子さん(29歳)は米軍が大好き。歴代の彼氏はほぼ全員が米軍の軍人である。

 座談会では相談所のカウンセラーが、国際婚活での注意点や、成功者のエピソードを解説する。

 皆が一様に口にするのは「日本の男にいい人はいない。だから遠距離でも国際婚活をしている」ということであった。通常の婚活でも、「いい人がいない」という話はよく聞くが、思い切って国内を切り捨て海外に目を向けるとは、やはり人生がかかっているだけに大胆な選択だ。

 主催者のカウンセラーが、ナタリアにコメントを求めるが、そもそも「冴えない日本人男と結婚したナタリア」と、冴えない日本人男と結婚したくない人々の間にシンパシーが生まれるはずもなく、それでも熱心に何かを語るナタリアの声は的を外れ、空しく虚空に響くだけ。

 しかし話はいつの間にか「日本にいい外国人男性はいない」という方向にシフトした。

「日本に来てる外国人って、ちょっとルーザーな人多いですよね~」(A子さん)

 確かに六本木などを見ていると、ひとクセありそうな外国人男性ばかりだ。日常生活で普通の外国人男性と出会うのは、自分が外国に移住しない限り難しい。エンドレスなぼやき大会である。

 記者は皆に聞いてみた。なぜ、最初から外国人男性限定なのか?

 B子さんが答える。

「日本人男はドメスティックすぎてつまらない。小さくまとまりすぎ。話が本当に面白くない。その点、外国人男性は色んな面でダイナミックだし、ワクワクをくれる。あとは、遺伝子の問題」

 遺伝子?

「やっぱり体が遠くの遺伝子を求めるっていうか……本能なんですよね。でも、アメリカは下品だから嫌。ヨーロッパがいい」

 遠くの遺伝子であれば、アフリカでもよいのでは?

「それは絶対に嫌。好みじゃないから」

 結局、好みの問題じゃないかよー……と言いたかったがグっと我慢した。

 相手のルックスに対し、○○系じゃないとダメという気持ちはわかる。だって性的魅力を感じない人とは一緒にいたくないし。

きっと彼女の持つヨーロッパ人像が彼女にとって完璧なのだろうし。

⇒【後編】に続く「彼氏の国に行ってビックリ仰天!」 http://joshi-spa.jp/5921

<TEXT/ヤサ・グレ子 PHOTO/ Jmaentz Caranica Nicolae>




あなたにおすすめ