♂&♀

エッチの時の「優しくして」はNGワード!?彼の愛撫が痛い時の対処法

 ラブタイムに付きまとう、前戯の痛み…。「ラブリサーチ」が会員女性に『前戯の最中、彼のテクニック不足でバストやデリケートゾーンに痛みを感じたことがありますか?』とアンケートを実施したところ、78.5%の女性が「はい」と回答しました。

「どうしても我慢できない時は痛いと伝える」という声が多く、彼を傷つけないため、痛みを我慢するという女性が大半を占める結果となりました。

彼の愛撫がちょっと痛い… そこで今回は、女性が我慢せず、男性の折れやすいプライドを維持できるような伝え方、対処法を一緒に考えていきましょう。

===============
Q.前戯の最中、彼のテクニック不足でバストやデリケートゾーンに痛みを感じたことがありますか?

・ある(99名)
・ない(27名)

回答時期:2014.06.04~2014.06.18
総回答数:126名
===============

なぜ力を入れてしまうのか? 男性の現状を知りましょう。



 男性は「自分の触れ方が痛い」だなんて思っていません。さらには自分では力を入れている気もないのです。

 男性がオナニーをする時、ソフトタッチでする人はあまりいません。アソコをきゅっと握って、クライマックスに向かうほど力が込められていきます。快感を生み出す力加減をそれしか知らなければ、「女性が気持ちいいと思う力加減は、自分と同じくらいだろう」と思うのも、ごく自然なことなのです。

 まずは現時点で愛撫が「痛い」と感じている場合、彼の女性に対する知識不足が大きな原因になっていると思われます。

女性の大きな受け皿(心)も必要



 知識がないのなら、知識を入れてあげればいいのです。ここで女性に求められるのは、知識のない男性にガッカリしないという、受け皿の大きさです。

「なんでそんなこともわからないの?」という気持ちが伝わると男性も凹みますし、教える女性もイラっとします。結果、男性も女性もお互いの性について「触れてはいけないもの」として認識してしまいます。ポジティブな面だけを見て、ネガティブをスルーする。これがセックスレスや満足しないセックスの原因にもなってしまうのです。

男性の気持ちを認めて、頼んで、褒めてあげる



 これらを踏まえて、女性は子供に伝えるような気持ちを持ち、かつ男性のプライドを傷つけないような教え方を考えましょう。男性のプライドを傷つけない方法。それは女性からの「お願い」です。

 ここで女性が間違ってしまうのが「優しくして」の一言。「優しくして」は、実は押し付けなのです。

 なぜなら男性は十分優しくしているつもりでいるから。さらには「優しい力加減」が抽象的すぎて男性には理解できないのです。そのため、ここはまず、男性の好意を受け止めましょう。

「◯◯君は力持ちだよね。そんなに頑張らなくても大丈夫」と、意識していない力加減を「力持ち」と表現し、頑張ってくれていることを認めているよ、と伝えます。

 頑張らなくても大丈夫ってどういうこと? 男性が疑問に思ったところで「これくらい軽いくらいが気持ちいいの」と実際にしてほしい力加減をレクチャーします。その通りにしてくれたら「すっごく気持ちいい」と褒めてあげます。

 女性からするとかなり回りくどい伝え方に思いますが、これくらい詳細に伝えないと男性には中々理解して受け入れてもらえません。

 教え方にはお互いの性格もありますから、二人にそれぞれに見合った表現方法を見つけて、上手に教えてあげてくださいね。

▼ライター:小室友里さんプロフィール
ラブヘルスカウンセラー。90年代を代表するAV女優として世界初のアダルトDVD作品を発売した。AV引退後は、舞台、海外作品を含む映画出演。ボーカリストとしても活動中。ライターとしてセックス関連のコラム、お悩み相談など寄稿。「セックスとはお互いを知ること」がモットー。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★エッチでくすぐったい…は感じるサイン?! 連想性感帯とは?
★嫌よ嫌よも好きのうち?! 「もっとして」と「本気で嫌」を的確に伝える方法
★前戯を優しく丁寧にしてくれる男性の特徴4つ

あなたにおすすめ