Love

男性が萌える「ギャップ」の演出方法を徹底調査!

 ギャップがある人に惹かれる。世の中ではそんな声がよく聞こえてきます。男性に『今まで女性の「ギャップ」にキュンとしたことはありますか?』と、アンケートをおこなったところ、84.2%の方が「はい」と回答し、「しっかりしてるように見えて、実は天然で癒し系だったとき」「幼いなと思っていた子が、ふと大人っぽい仕草をしたとき」などの意見があげられました。 男性が萌えるギャップって? 妹系女子が姉系女子に見えたとき、姉系女子が妹系女子に見えたとき、男性はそんなギャップに弱いようです。そこで今回は、姉系と妹系それぞれに合ったギャップ演出法を紹介していきましょう。 =============== 【男性に質問】女性のギャップにドキッとしたことはありますか? ・ある(51名) ・ない(11名) 回答時期:2012.09.14~2012.09.28 総回答数:62名 ===============

「姉系」「妹系」ってなに?

「姉系」「妹系」という言葉をご存知ですか? 言葉通りではあるのですが、「姉系」とは、お姉ちゃんのような存在に感じる女性のこと。しっかりしていたり、面倒見がよかったり、シュッとしたキャリアウーマン系の女性などもこう呼ばれます。  一方「妹系」とは、甘え上手な妹っぽさを感じさせる女性のこと。人に頼むのが上手だったり、ちょっぴり可愛い子ぶりっこだったり、あどけない見た目などが特徴です。つまり、自分がどちらのタイプか見極め、たまにその逆を演出すれば、彼をドキッとさせられる! というわけです。では早速、タイプ別におすすめのギャップ演出方を紹介していきましょう。

「姉系」の人にぴったりのギャップ演出方法

・「年上なのに可愛らしい」 ・「職場と2人でいるときの話し方の違い」 ・「大人っぽいのに実は子供っぽい一面があった」  男性がギャップにドキッとするのは、上記のような瞬間。これらのコメントから導き出したオススメのギャップ演出法は、ずばり! 大勢でいるときと、二人でいるときの態度を変えてみることです。  男性は自分しか知らないという、シュチュエ―ションに弱い生き物。二人になったときに「ねぇ、これやって」と、ちょっとだけ甘えてみたり、メイクを妹系に変えるのがオススメです。たまには、たれ目メイクといつもより多めのチークで「妹系」を狙ってみましょう。他にもお姉さんキャラの女性は、感情よりも理性を優先させて「公私をきっちり分けている」人が多い傾向にあります。その分プライベートのデートの時などは、感情表現をオープンにさせて素直に大きく喜びを表現すると、男性はその新たな一面に魅了されそうです。  仕事でなにかあったときには、みんなの前では笑顔なのに、二人になったときふと泣きそうな顔に…なんていう表情の変化も、男性をドキっとさせますよ。 「姉系」の人にぴったりのギャップ演出方法

「妹系」の人にぴったりのギャップ演出方法

・「子どもっぽいなと思っていた女性が、ふと大人っぽい仕草をしたとき」 ・「服装、メイクがいつもと違う」 ・「いつもと違う服装の時に」  こんなギャップも男性の心を鷲掴みにしているよう。これらの意見を参考に、生み出されたギャップ演出法は、いつもとは違うメイクに挑戦して、しっかりしている姿を見せること。  手軽にできる外見の変化は、髪の毛を片方に流すこと。これだけでも姉系のイメージになるのでオススメです。また、内面では仕事に対しての思いを語ったり、周りの人をフォローしたり、ほかの人がやりたがらない作業を率先して申し出たりするとよいでしょう。 「妹系」の人にぴったりのギャップ演出方法

さらに「ギャップ」を強調するためには?

 それぞれタイプ別のギャップでの魅せ方をご紹介しましたが、さらに最強の方法は「普段の姉っぷり、妹っぷりを強調した上で」のギャップ見せ。自分がどちらかというと姉系の場合は、まず最大限「姉系」の魅力とイメージを印象付けた後に、それとは反対の印象を見せてみましょう。  つまりギャップを演出する際は、普段の印象付けもポイントなのです! 普通の「姉寄り」から「妹系」に行く時の何倍もギャップが強調され、より深く男性の心にアプローチすることでしょう。

妹系・姉系は仕草だけでなく「香り」で演出しよう!

 アンケートの中には、「がさつだった女の子が急にいい匂いをつけてきたとき」と香りに関する意見もありました。自分自身はあまり感じていなくても、香りは相手にさまざまな印象を与えます。  妹系に見せたいときは、甘い香り、姉系に見せたいときは、色っぽい印象のすっきりとした香りなど、香りを使い分けてみるのがおすすめです。 「あ! 今日はいつもと匂いが違う!」と男性に感じてもらえるのも、香りアイテムのいいところ。みなさんも、いろいろな方法でギャップを狙ってみてくださいね。 ▼ライター:織留有沙さんプロフィール 銀座ホステスとして若き日を過ごした後、美容関連の会社を設立。現在は「会社経営者」と「ライター」2つの顔を持ち、多数の媒体で恋愛コラムを執筆中。医者・競馬の騎手・会社経営者など、多彩な男性遍歴から生み出される持論にも定評がある。
<コンテンツ提供/ラブリサーチ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【ラブリサーチ】 女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。 ★夏の色気アップアイテム「浴衣」の着こなし! もっとセクシーに着こなす秘訣って? ★ランジェリーの色の好みで解る! 彼のタイプ診断 ★男子がムラムラする季節!? 彼の気持ちを盛り上げる夏テクニック3つ
ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ