Love

LINEで別れ話は超キケン!モメずに彼とグッバイする失恋の作法5

<みきーるの女子マインド学>

 日に日に秋めいてまいりました。にぎやかな夏が去り、心にも落ち着きが戻る頃合いです。「なんかしっくりこないな」と思う恋愛を見直すのにも、いい季節。

 今回は、なるべくノーダメージで恋を終わらせる、“失恋ソフトランディング”の作法をお送りします。

秋のお別れ

1.決戦は金曜の夜



「よし、彼と別れよう!」と決めたら、まずはカレンダーをチェック。今日が月曜とか火曜とか、ド平日ならちょっと待って。あなたはスッキリしても、いきなり爆弾を食らう彼は気の毒です。別れを切り出すなら、金曜の夜など休み前がおすすめ。休み中に彼が頭を整理できるよう、タイミングを見てあげましょう。

2.それとなく断捨離



 別れを決めたら、彼に告げる前に“ふたりのもの”を片付け始めます。借りっぱなしの本やCDは返す、あるいは返してもらう。ふたりでよく行ったけど別れたらもう行くこともねえな、と思う店のポイントカードはとっとと使う、彼の部屋に置きっぱのパジャマは回収してくる、などなど。大事なものをそのままにしておくと、そのためにまた会うハメになったり、最悪、捨てられる危険もあります。

秋のお別れ

3.LINEのみで別れない



 ふたりの関係が「ごめん、別れて!」「了解!」みたくポンポン進むものならLINEもアリですが、一方に未練がある場合はそうもいきません。徹夜でLINE合戦したあげくヤケになってブロック→キレた彼に待ち伏せされる……なんてことになったら事件です。約束を取り付けるのはいいですが、きちんと会って話した方が誠意も伝わります。

次のページ 
場所は閉店●時間前のカフェ

1
2
ジャニヲタあるある+(プラス)

ジャニヲタ歴20年超の著者が、長年のヲタ活動を経て体験してきた「コンサートあるある」「テレビあるある」などを描き出します。




あなたにおすすめ