Entertainment

「タラレバ娘」のキャスト&年齢に原作ファンが怒り!理想の配役はアノ人

 1月18日からスタートしたテレビドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜22時~日本テレビ系)。初回視聴率が13.8%(ビデオリサーチ調べ)と好発進! 原作である東村アキコさんの漫画は、2014年にスタートした時点から話題でした。

東京タラレバ娘

『東京タラレバ娘』公式サイトより http://www.ntv.co.jp/tarareba/

 あらすじを簡単に言えば、3人の女性が「綺麗になっタラ」「あのときああしていレバ」という高い理想を掲げたままバッターボックスに立つこともせず、独身のままだという物語を描いたコメディ。原作においては“東村節”ともいえる厳しいメッセージが、読む独身女性たちの心にグサグサと容赦ない現実を突き付けてきます。

 満を持してのドラマ化は、数字では好調のようですが、放送時のツイッターでは原作ファンから苦言の嵐。原作ファンだという30代半ばの女性たちに聞いてみました。

原作の33歳と、ドラマの30歳では、心境が全然ちがう!



「原作は3人とも33歳。アラサーと呼ぶにはギリギリの年齢というまさに崖っぷちの年齢。だからこそ、その痛々しさが見ている私たちはハラハラさせられたのですが、ドラマではなぜか全員30歳という設定。

 おまけにキャストの実年齢は、吉高百里子、大島優子、榮倉奈々の3人とも28歳。“行き遅れ”というには無理があり、ただ単に『彼氏が欲しい』というノリで結婚したいだけにしか見えずリアリティが感じられない!」(33歳・サービス・未婚)

「連載開始当時(2014年)に33歳だったファンの一人でいろいろと共感していた私は、現在36歳です。原作は33歳という年齢のまま進行していますが、私たちは刻々と年を取っています。ただでさえ、原作とも年齢が違ってきているのに、ドラマで3人(吉高、大島、榮倉)がアラサーとかきゃぴきゃぴ言っても、全然危機感は感じられない! 原作ではもっと3人は殺伐としています!」(36歳・IT・未婚)

 年齢の設定に対してモノ申したいファンが多い様子です。たしかに、筆者(35歳)も、もはやドラマは別作品として捉えており、単純に榮倉奈々ちゃんがかわいいだけのドラマになりつつあります。あんなかわいい子は普通にモテるだろ、とツッコミたくなりますし。

次のページ 
ネット民が勝手にキャスティングを提案

1
2
3




あなたにおすすめ